ウェブとブログの検索

カスタム検索





2015年11月22日

[ジョン・ボウルビィ(John Bowlby)の『母性剥奪(maternal deprivation)』の研究とV.スミルノフの『剥奪症候群』]

ジョン・ボウルビィ(John Bowlby)の『母性剥奪(maternal deprivation)』の研究とV.スミルノフの『剥奪症候群』

イギリスの児童精神科医・精神分析家のジョン・ボウルビィ(John Bowlby,1907-1990)は、母性的養育のある温かい母親の接し方・環境が剥奪された場合に、乳幼児の心身がどのような反応を示すかという『母性剥奪(maternal deprivation)』の研究を行ったことで知られる。

ジョン・ボウルビィの母性剥奪による乳幼児の心身に与える影響の研究成果は、“Maternal Care and Mental Health, 1951”というモノグラフにまとめられているが、ボウルビィは精神的健康の基盤に『親密で持続性のある相互に満足感と安心感(幸福感)の得られる母子関係』というものを想定していた。

現代では男女平等や父親の育児参加の観点から、『母性剥奪(母親の愛情・保護の剥奪)』だけではなく『父性剥奪』も問題にすべきではないかとの異論も出ている。だが現時点では(元々母親と比較して父親が育児に参加する度合いが低いこともあり)、乳幼児期の子供の心身に対して『父親の愛情・保護の喪失』が大きな影響を与えるという実証的研究は出されていない。

母性的養育の剥奪についての主な研究方法には以下の3つがある。

1.児童養護施設・病院・養子などで、母親から隔離されている乳幼児の心身発達の観察。

2.不適応あるいは反社会的な精神的問題を抱えている青少年・成人の生活歴(養育環境)を遡っていく遡行的研究

3.母性剥奪の成育歴を持つ児童の縦断的な追跡研究

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 13:39 | TrackBack(0) | ほ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[児童虐待(child abuse)の問題と虐待による精神疾患の後遺症]

児童虐待(child abuse)の問題と虐待による精神疾患の後遺症

児童虐待の被害を受ける子供には、小学生の児童も多いが、それよりも身体的・精神的に圧倒的に未熟で無力な『幼児期・乳児期』の発達段階にある子供が虐待を受けやすいという統計がある。性的虐待に限っては、第二次性徴期を迎える小学校高学年から中学生以上の女子児童・生徒が被害に遭うケースが多く、実親だけでなく連れ子のいる再婚家庭で問題が起こってしまう事もある。

児童虐待(child abuse)の分類・問題と児童虐待防止法の施行(2000年)

性的虐待の後遺症として、PTSD(心的外傷後ストレス障害)や適応障害、解離性障害(多重人格障害)、パニック障害、社交恐怖障害などの精神疾患が起こることもあるが、性的虐待を受けている子供は思春期以降に『家出・性的逸脱(性非行)・性や恋愛の拒絶(異性とまともな関係を作れない)』などの問題行動が目立ってくることも多い。

乳幼児期の子供は、身体の発育も未熟であり骨もまだ脆いため、大人としては力を抜いた軽い殴打(軽く持ち上げて落とすなど)のつもりでも、その虐待行為が悲惨な死亡事故の結果(刑事上の傷害致死事件・殺人事件に相当)を招いてしまうことも少なくない。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 11:03 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[児童虐待(child abuse)の分類・問題と児童虐待防止法の施行(2000年)]

児童虐待(child abuse)の分類・問題と児童虐待防止法の施行(2000年)

両親にパーソナリティー構造・性格傾向の問題があったり、育児をするために必要な生活環境・経済状態が整えられていなかったり、育児不安が過度に強くて育児ノイローゼになっていたりすると『児童虐待(child abuse)』のリスクが格段に高くなってしまう。

『児童虐待』というのは、子供を保護して愛情を注ぎながら養育すべき養育者(親)が、子供を『身体的・精神的・性的』に虐待したり搾取したりすることであり、日本では1990年代以降に社会に周知されるようになった比較的新しい家族病理の概念・問題である。児童虐待には主に以下のような分類がある。

身体的虐待……殴られたり蹴られたりつねられたり落とされたり、火傷をさせられたりなど、身体的に暴力を加えられる型の虐待である。

精神的虐待……暴言を吐かれたり存在価値を否定されたり、度を越えた揶揄(からかい)・侮辱をされたり、常に親が不機嫌で怒っていて精神的に萎縮させられたりなど、精神的に暴力を加えられる型の虐待である。

性的虐待……実親だけではなく養親・親族・近隣住民などによって行われる場合もあるが、通常の親子間のスキンシップの範囲を越えて、性的な欲求を持って身体・性器に触れたり自分を触らせたりするなど、性的に搾取・利用する型の虐待である。厳密には、幼児期・児童期の子供だけではなく、中学生・高校生の子供に対して性的行為を強要することなども性的虐待の範疇に入ってくる。

ネグレクト(養育放棄)……『子供の健康・安全・成長』のために必要な最低限の養育義務(各種の世話・監護などの義務)を果たさずに、養育者が子供を無視したり放置したりする型の虐待である。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 11:00 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[母性抑うつ(maternal depression)・育児不安]

母性抑うつ(maternal depression)・育児不安

初産の場合には、出産後間もない母親は、女性ホルモン増加の体内ホルモン環境の激変や不慣れな育児のストレス・疲労感、夫婦関係(夫の育児への参加度)の問題などによって、『一過性の抑うつ状態』を高い確率で経験しやすくなる。

それまでの生活環境や役割行動が激変する結婚後にも『マリッジ・ブルー(marriage blue)』と呼ばれる一過性の抑うつ状態が生じやすいことが知られているが、産後の抑うつ状態や悲観的な認知に囚われた状態のことを『マタニティー・ブルー(maternity blue)』と呼ぶこともある。

出産後の母親のうつ状態が遷延化して実質的にうつ病に等しいような病態を示したり、育児不安が強くなりすぎて育児・家事が手につかなくなって不適応を起こしやすくなったりするが、こういった産後・産褥期の抑うつ状態のことを『母性抑うつ(maternal depression)』といっている。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 10:57 | TrackBack(0) | ほ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月09日

[チック(tic disorders):運動性チック・音声チック]

チック(tic disorders):運動性チック・音声チック

チック(tic)は乳幼児から児童期にかけて見られやすい『習癖・神経障害』の一種であり、軽度で一過性のチックであれば心身の成長過程で多くの子供に見られる。チックは女児よりも男児に多く見られる習癖であり、心身の発達に呼応する形で自然に軽快・消失してしまうことも多い症状である。

子供にみられるチックの多くは『一過性チック・発達性チック』であり、精神疾患(心身症・神経症)・神経障害によって起こるチックとは区別される。

チックとは、突発的で不規則な身体の一部の速い動き、無意味で無目的な発声を繰り返す不随意的な状態のことである。それが一定期間継続して慢性化・固定化し、日常生活や人間関係の上で障害を来すようになったものを『チック症(tic disorders)』と呼ぶことがある。

チック症の重症型で、『不随意的な運動チック(顔をしかめる・肩を動かす・まばたきする・突然無意味な発声をするなど)』が頻繁に見られる慢性多発性のチック症のことを『トゥレット症候群(トゥレット障害)』という。チックは主に以下の3つの類型に分けることができる。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 00:13 | TrackBack(0) | ち:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[選択的緘黙(場面緘黙)と新しい環境・他者への適応:乳幼児期の不安関連の障害2]

選択的緘黙(場面緘黙)と新しい環境・他者への適応:乳幼児期の不安関連の障害2

器質的な言語障害がないにも関わらず、しゃべることができない(発話が見られない)状態のことを『緘黙(かんもく)』という。緘黙にはどんな状況でもどんな相手でも話さない『全緘黙』と、特定の状況や相手に対してだけ話すことがない『選択的緘黙(selective mutism)・場面緘黙』がある。

分離不安障害と母子関係:乳幼児期の不安関連の障害1

幼児期・児童期の緘黙のきっかけとなるのは『新しい環境への適応』『馴れない他者とのコミュニケーション』である。そのため、『幼稚園・保育園への入園,小学校への入学』によって授業中に声を出して答えられないとか、友達と上手くおしゃべりができないとかいった『選択的緘黙(場面緘黙)』の症状が出やすくなるのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 00:11 | TrackBack(0) | か:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[分離不安障害と母子関係:乳幼児期の不安関連の障害1]

分離不安障害と母子関係:乳幼児期の不安関連の障害1

女性の児童精神科医・精神分析家のマーガレット・マーラー(Margaret Scheonberger Mahler,1897-1985)は、児童精神臨床の経験に基づいて『乳幼児の早期発達論(分離‐個体化理論)』を提唱した。

その早期発達論において、生後4、5ヶ月頃〜36ヶ月頃までの『分離‐個体化期』には、母親や家庭環境から離れることで『分離不安(separation anxiety)』が生じやすくなるとされている。

母親と自分が別の人格を持つ個人だと認識できるようになり、母親から離れて一人で探索的行動ができるようになってくるのが概ね“3歳頃(36ヶ月頃)”であり、母親からある程度物理的にも距離的にも離れていられる能力・意識を獲得することを『個体化(individuation)』と呼んでいる。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 00:08 | TrackBack(0) | ふ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[夜尿症・遺尿症と心理的ストレス:乳幼児期の摂食・排泄の障害2]

夜尿症・遺尿症と心理的ストレス:乳幼児期の摂食・排泄の障害2

『夜尿症・遺尿症』は幼児期の子供に見られる典型的な排泄障害であるが、特に『トイレ・トレーニング』が終わって一定以上の『自立的な排泄』ができるようになる4〜5歳児以降も続くおねしょやおもらしが問題になってくる。夜尿症の医学的診断基準では、『5歳以降にも頻繁な夜尿が続く場合』に“夜尿症(elimination disorders)”と診断されることになる。

小食と拒食症・異食症:乳幼児期の摂食・排泄の障害1

小学校に入学する前の『幼稚園児・保育園児』の発達年齢であれば、随意的・不随意的なおねしょ・おもらしを特別な問題として心配する必要性は薄く、大半は自然な成長や学習によって軽快し消失していく。

だが、小学生以降にも夜尿・おねしょ・おもらしなどが見られる場合には、学校での集団生活・お泊りの行事などに適応しづらい悩みにもなるので、早期に何らかの対処(定期的にトイレに行くようにする・お泊りでは先生に起こしてもらって夜間にもトイレに行くようにする等)をしていくことが望ましい。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 00:05 | TrackBack(0) | や:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[小食と拒食症・異食症:乳幼児期の摂食・排泄の障害1]

小食と拒食症・異食症:乳幼児期の摂食・排泄の障害1

乳幼児期・児童期の食欲や食行動は不安定であり、『心理的・生理的な変化』の影響を受けやすいので、心理的な不安や生理的な内的要因でいつもより食が細くなってあまり食べなくなる『小食』が起こることがある。

小食の多くは病気ではないが、『心理的な不安・緊張がストレスになっていないか』や『内科的な疾患(内臓器官の異常)の影響がないか』ということには一定の配慮をする必要がある。

しかし、一過性の生理的な小食を親が不安に思いすぎて、子供に無理に食事を取らせようとして頑張りすぎるのは逆効果であり、基本的には『食べたい時に食べられるようにしておく・食べることを無理矢理に強制せずにお腹が空いた時に食べさせてあげる』というリラックスした心持ちで接した方が、子供の食欲・食行動も回復しやすくなる。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 00:04 | TrackBack(0) | き:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする