ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年01月18日

[マックス・ホルクハイマーの批判理論と“他者性・原罪・永遠性”に基づく良心の復権:3]

マックス・ホルクハイマーの批判理論と“他者性・原罪・永遠性”に基づく良心の復権:3

ホルクハイマーは『宗教はアヘンである』という唯物論のマルクス主義のテーゼ(私的所有権を否定して協同体的な生産体制を構築する経済重視のイデオロギー)も否定して、『隣人愛・博愛・原罪・永遠の魂』などを説くキリスト教的な宗教原理が持つ『他者性・神の永遠性(無限性)』を心情的・部分的に復活させようとした。

その宗教原理の心情的・部分的な復活によって、復活マルクス主義のようなイデオロギーによる個人の支配・管理・抑圧を回避しようとしたのである。

マックス・ホルクハイマーの批判理論と右翼・左翼・リベラリズム(個人主義):2

ホルクハイマーはキリスト教のような宗教を現代で再び真剣に信仰せよというのではなく、『人間の自律性(個人の自由性・人権)』を守るために、自己と他者の相互尊重という宗教的な原理の価値を改めて見直してみるべきだというのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 11:48 | TrackBack(0) | ほ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[マックス・ホルクハイマーの批判理論と右翼・左翼・リベラリズム(個人主義):2]

マックス・ホルクハイマーの批判理論と右翼・左翼・リベラリズム(個人主義):2

マックス・ホルクハイマーは、戦後の豊かさと人権意識の中でマルクス主義(共産主義の暴力革命・プロレタリア独裁)の思想的・実践的な有効性がもはや無くなったと結論づけた。そして、マルクス主義が目指した『正義(資源の公正配分)と自由(強制されない個人の解放)の調和』はおよそ不可能であるとした。

マックス・ホルクハイマーの批判理論とマルクス主義・ファシズム:1

マルクス主義は『史的唯物論・階級闘争・共産主義革命』を前提として、啓蒙主義的な理性の向上・実践で『人間の自由な解放』を目指す思想であった。しかし、マルクス主義は個人を抑圧したり虐殺したりするファシズムに転落するリスクを内包しており、ホルクハイマーはその原因として『正義があればあるほど、自由はますます少なくなる』という正義と自由の敵対関係というか正義と自由の両立困難性に着目したのである。

マルクス主義は、社会全体の利益であるとか資源の公正配分であるとか共産党一党体制(プロレタリア独裁)であるとかの反論を許さない『絶対的な正義』を掲げることで、人民を全体主義的かつ人権抑圧的に支配管理するという自己矛盾を呈するに至ったのであった。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 11:46 | TrackBack(0) | ほ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[マックス・ホルクハイマーの批判理論とマルクス主義・ファシズム:1]

マックス・ホルクハイマーの批判理論とマルクス主義・ファシズム:1

フランクフルト学派に分類されるマックス・ホルクハイマー(Max Horkheimer,1895-1973)テオドール・アドルノ(Theodor Ludwig Wiesengrund Adorno, 1903-1969)の批判理論は、マルクス主義の実践的な進歩とファシズム(全体主義)の脅威の回避を目的とするものであった。

T.アドルノはその批判理論(批判哲学)において『同一性‐非同一性の原理』を提示した。アドルノはファシズムを招来するリスクのある同一化(画一化)の権力作用を警戒しながら、『近代的な啓蒙主義の野蛮化・堕落(理論的合理的な結論としての人権弾圧)』を強く批判したのである。

ホルクハイマーとアドルノの批判理論(批判哲学)の限界は、正にフランクフルト学派設立の原点にあるマルクス主義の限界であり、マルクス主義のファシズム的なスターリズムへの転落に対する落胆がそれに追い討ちを掛けた。実験的なロシア社会主義は、結果として個人の非同一性(独自性・多様性)を担保せず、個人を自由に解放するはずであったマルクス主義は、反対に個人の自由・人権を弾圧する理性主義的な根拠になってしまったからである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 11:44 | TrackBack(0) | ほ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

[テオドール・アドルノの『否定弁証法』と『近代的な啓蒙・理性の治療』としての哲学]

テオドール・アドルノの『否定弁証法』と『近代的な啓蒙・理性の治療』としての哲学

G.W.F.ヘーゲルの“正‐反‐合(テーゼ‐アンチテーゼ‐ジンテーゼ)”の思考プロセスを経由して肯定的な結論を導き出す『弁証法(肯定弁証法)』は、『同一性・権力(画一化・従属化の強制や抑圧)』と結果論的に相関している。T.アドルノはこの同一性と結合した伝統的な『肯定弁証法』を批判するために、“非同一性(個別性・多様性)”を担保する『否定弁証法』を提唱したのである。

テオドール・アドルノの『否定弁証法』と『同一性‐非同一性』の原理

ヘーゲルの世界精神や弁証法を前提とする啓蒙的な近代思想は、『全体最適化・社会的利益』へと行き着きやすく、『個体(個人)の多面的な差異・個性』を抹殺する傾向をそのロジックの中に内包している。

すなわち、世界恐慌・大量失業などの危機的事態においては、社会構成員がただ『同一性の無個性な主体』として生存できれば良いではないかとする価値観が優勢となり、『哲学・芸術の主体性(非同一性=権力や多数派に迎合しない主体)』が切り捨てられたり抹殺されたりすることになる。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 08:44 | TrackBack(0) | あ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[テオドール・アドルノの『否定弁証法』と『同一性‐非同一性』の原理]

テオドール・アドルノの『否定弁証法』と『同一性‐非同一性』の原理

新マルクス主義やニューレフト(新左翼)運動に大きな影響を与えた『フランクフルト学派』を代表する社会学者が、マックス・ホルクハイマー(Max Horkheimer,1895-1973)テオドール・アドルノ(Theodor Ludwig Wiesengrund Adorno, 1903-1969)である。

マックス・ホルクハイマーとテオドール・アドルノは共著『啓蒙の弁証法』を通して、近代的な啓蒙主義(道具的理性)を批判する『批判理論』を掲げて、マルクス主義の実践的かつ倫理的な発展を目指した。テオドール・アドルノは自然と他者を支配・搾取してきた近代社会の原動力である『理性(道具的理性)』のネガティブな側面に着目して、『否定弁証法』という独自の批判的な思考形態を提唱した。

マルクス主義的な思想家集団から始まったフランクフルト学派だったが、そこにはマルクス主義(共産主義)だけではなく、G.W.F.ヘーゲルの弁証法やフロイトの精神分析などの理論も融合されるようになり、近代社会全体の発展・倫理の可能性を探求する社会思想の複雑性が生まれていた。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 08:41 | TrackBack(0) | あ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

[スクールカウンセラー(SC)とは何か?4:スクールカウンセラーの任務と心理化・精神医療化の問題]

スクールカウンセラー(SC)とは何か?4:スクールカウンセラーの任務と心理化・精神医療化の問題

スクールカウンセラーは子供(児童生徒)が直面している心理的・社会的・対人的(集団的)な問題の解決を促進するために、『生徒本人・保護者・先生・関係者』と関わりながら仕事をすることになるが、その仕事には高度な対人コミュニケーションのスキルと臨床心理学をはじめとする心理学全般の高度な専門性が求められることになる。

スクールカウンセラー(SC)とは何か?3:スクールカウンセリングの研究委託事業といじめ問題

スクールカウンセラーには精神医療分野で働いている臨床心理士と同様に、心理アセスメント(心理査定)の実施と解釈に関する専門的な知識・技能・経験が必要になるが、その心理アセスメントはいわゆる『心理テスト(心理検査)』に限定されるものではない。児童生徒の問題と関係している人との『診断的・治療的な心理面接』を繰り返すことによって得られる情報・知識を総合的に解釈し、『問題状況・精神状態の見立て』ができる能力のことなのである。

クライエントの子供(児童生徒)の問題解決と心理的成長を促進していくことがスクールカウンセラーの第一の職務であり役割であるが、『児童生徒(本人)・他の生徒・保護者・先生・地域社会』と連携したり協力したりしながら問題解決及び心理的成長を進めていくことになる。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 04:57 | TrackBack(0) | す:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[スクールカウンセラー(SC)とは何か?3:スクールカウンセリングの研究委託事業といじめ問題]

スクールカウンセラー(SC)とは何か?3:スクールカウンセリングの研究委託事業といじめ問題

平成7年に、スクールカウンセリングの研究委託事業が開始された時に重視されたポイントは以下のような事項であった。

スクールカウンセラー(SC)とは何か?2:スクールカウンセラーの資格と公認心理師の新設

1.いじめ・不登校・校内暴力など、児童生徒の問題行動の解決に貢献するために臨床心理系の専門家を活用する。

2.財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定する「臨床心理士」など児童生徒の臨床心理に関する高度な専門的知識・経験を有する者を、スクールカウンセラー(SC)とする。

3.(当時の)スクールカウンセラー事業の予算規模は1億円である。

4.各都道府県ごとに、小・中・高のいずれか一校を指定し、都道府県、市町村教育委員会に委託する。

5.原則として研究事業期間は2年間である。

6.勤務形態は非常勤で、週2回、1回4時間程度の勤務とする。各校にスクールカウンセラー1名を配置することを原則とする。

スクールカウンセリングの研究委託事業では特に『いじめ問題』が重視され、国立教育会館に『いじめ問題対策情報センター』が設置されて、以下のような活動が実施された。いじめ問題対策情報センターはいじめの発生数の減少が確認されたとして平成12年で閉鎖されているが、実際には『学校側の隠蔽体質・統計に上がってこないいじめの問題』があったと見られており、平成20年以降はいじめの発生報告件数は児童虐待と同様に増加傾向(隠蔽されにくい傾向)が出てきている。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 04:54 | TrackBack(0) | す:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[スクールカウンセラー(SC)とは何か?2:スクールカウンセラーの資格と公認心理師の新設]

スクールカウンセラー(SC)とは何か?2:スクールカウンセラーの資格と公認心理師の新設

スクールカウンセラーになるために絶対に必要な業務独占資格というものはないが、現状では臨床心理学系の指定大学院修士課程が受験資格となっている『臨床心理士』の資格を保有するスクールカウンセラーが多くなっている。2015年に新設された国家資格の『公認心理師』は臨床心理師の専門分野・活動領域と重複するため、公認心理師の取得者にもスクールカウンセラーとして配置される人が出て来るだろう。

スクールカウンセラー(SC)とは何か?1:スクールカウンセリング事業の歴史と学校心理士

従来の臨床心理師と新設された公認心理師との違いは、『民間資格』である臨床心理師に対して公認心理師が『国家資格』であるということであるが、4年制の大卒で取得できる公認心理師に対して、臨床心理師のほうは資格取得までに臨床心理士指定大学院修了の約7年間が必要であるため、公認心理師のほうが資格取得の難易度が高いというわけではない。

国家資格の公認心理師は『名称独占資格』であり、民間資格において『心理士』の名称は使えるが『心理師』の名称は使うことはできない。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 04:52 | TrackBack(0) | す:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[スクールカウンセラー(SC)とは何か?1:スクールカウンセリング事業の歴史と学校心理士]

スクールカウンセラー(SC)とは何か?1:スクールカウンセリング事業の歴史と学校心理士

日本における『スクールカウンセラー制度』の歴史は、平成6年(1994年)に旧文部省(現文部科学省)が学校教育で起こっていた『いじめ・不登校・自殺』などの問題に対応するために、スクールカウンセリングを研究委託事業として予算請求(概算要求)したことから始まった。

スクールカウンセリングの予算に基づいて平成7年(1995年)から、公立中学校をはじめとする全国の公立学校へのスクールカウンセラー配置が始まり、現在では公立の小学校・高等学校にもスクールカウンセラーが派遣されていることが多い。現在のスクールカウンセリング事業の予算は、国と地方自治体(都道府県)がそれぞれ半分ずつ負担することになっており、スクールカウンセラーの募集要項・必要資格は各自治体によって異なっている。

平成7年当初、『日本心理臨床学会(当時・河合隼雄理事長)・日本臨床心理士資格認定協会(当時・木田宏会頭,大塚義孝専務理事)・日本臨床心理士会(当時・河合隼雄会長,乾吉佑副会長)』の三団体が合同して、日本心理臨床学会の村山正治常任理事が代表を務めるワーキンググループが結成された。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 04:50 | TrackBack(0) | す:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする