ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年02月28日

[親子関係の変化と思春期モーニング2:反抗期の子供の反抗・自立にどう向き合うか?]

親子関係の変化と思春期モーニング2:反抗期の子供の反抗・自立にどう向き合うか?

思春期というのは親の権威・強制を認めずに反抗しやすくなる『反抗期(第二次反抗期)』であるが、思春期の少年少女に見られやすい反論・非難・拒絶・暴力・軽蔑などによって示される『広義の反抗』は、『親離れ・精神的自立のための葛藤』を伴うものと考えられている。思春期における反抗というのは、親への依存・愛着に頼らずに自分で自立的に生きていこうとする『思春期モーニング(adolescent mourning)の心的過程』の一部でもあるのである。

親子関係の変化と思春期モーニング1:精神的な安全基地・内的な拠り所の必要性

そういった思春期の子供の広義の反抗と自立心に対して、親がどのように対応・応答するかが重要になってくるが、これは思春期モーニングでは単純に親から切り離せば良いというのではなく、『親がある程度のホールディング(保護的な抱え込み)をしながら緩やかに離していく』という精神的な安全基地を完全にはなくさないような心的プロセスが必要になってくるということである。

子供が反抗・自立心を見せた時に、親が子離れできずに過剰反応して騒げば、子供は親から離れて自立するのは悪いことなのだと思い、『分離不安・喪失感の苦痛』を感じて、自立心が弱められてしまう。親が過度に非合理的な批判・干渉をしたり、子供の私的領域(プライバシー)に力づくで侵入したりすると、親子間の信頼関係が決定的に壊れてしまって、子供が非行に走ったり家出をしたりするリスクが高まってしまう。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 10:12 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[親子関係の変化と思春期モーニング1:精神的な安全基地・内的な拠り所の必要性]

親子関係の変化と思春期モーニング1:精神的な安全基地・内的な拠り所の必要性

自分にとって重要な対象(父母対象表象)を失うという『思春期の対象喪失』の体験は、ジョン・ボウルビィの定義した『精神的な安全基地』『安心できる関係的な居場所』がないと、深刻な精神的危機を招いてしまうこともある。

父母対象表象の代わりとなる『新たな代理対象』や『馴染み深い生活環境・人間関係』をはじめとする『内面的な心の拠り所』が求められることになるわけだが、その拠り所というのは所謂(いわゆる)『対象恒常性』とも相関している。

それらの拠り所が『精神的な安全基地(secure base)』として機能することによって、対象喪失の経験の前と後の心的な連続性・安定感が保たれやすくなるのである。対象喪失をそれ単独で経験することに“精神発達上の価値・意義”があるのではなく、対象喪失を『精神的な安全基地(secure base)』を前提とした喪の仕事(モーニング・ワーク)の中で経験することに精神発達上の価値や人格形成上の成熟の進展があるのである。

対象喪失というのは父母表象に代表される『自分にとって大切な他者の対象表象』を失うことであり、それは依存・愛着の対象を喪失することによって一時的に悲哀やパニック、絶望、孤独といったネガティブな感情体験をすることも意味している。そして、『精神的な安全基地(secure base)』が対象恒常性として機能することによって、依存・愛着の対象が失われても深刻な精神的危機(精神病理の発症)を回避して、順調な精神発達過程を促進していくことができるのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 10:10 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[思春期の親離れ(子離れ)と思春期モーニング3:自己愛的な同一化と代理対象の獲得]

思春期の親離れ(子離れ)と思春期モーニング3:自己愛的な同一化と代理対象の獲得

自己愛の高まりや自己肯定感への欲求は『父母表象の対象喪失の悲哀に対する防衛機制』として機能したり、『自己愛的な他者への同一化による新しい対象の獲得』をもたらしたりする。

自分自身と同じような存在として他者を認識して、自己と他者を一体化させる(あるいは自己像を他者に投影する)のが『自己愛的な同一化』の心理機制であるが、その同一化の心理機制によって『同性の友人・同世代の集団(コミュニティ)・親密な異性・尊敬できる先輩』などに対して新しい対象関係を獲得する心的プロセスが進むのである。

思春期の親離れ(子離れ)と思春期モーニング2:同世代の子供だけの世界の必要性

自己愛的な自己像を他者(友人・恋人・先輩)や同世代の集団(コミュニティ)に投影することによって、自己愛が更に高まるのと同時に、自己愛を投影した『自己対象』のことを好きになったり同一化していくことになる。『自我理想』のように認識されている先輩・師匠・異性・集団に対しても、自己愛的な同一化の心的過程が進む。だが、この自我理想は必ずしも実在する人物・集団に限るものではなく、『内的な想像・理念・思想(イデオロギー)』として形成されている自我理想的な観念に対しても自己愛的な同一化が起こることもあるのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 10:09 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[思春期の親離れ(子離れ)と思春期モーニング2:同世代の子供だけの世界の必要性]

思春期の親離れ(子離れ)と思春期モーニング2:同世代の子供だけの世界の必要性

親と子との間の境界線が引かれるということは、思春期の子供が大人になるために精神的自立を進めていくということであり、『子供だけの社会・世界・活動・関係(親・大人が無神経に踏み込んでいくことのできない子供だけの了解事項がある社会・世界)』を構築して深めていくということでもある。

思春期の少年少女にとっての発達課題には『恋愛感情への対処・男女関係の変化への対応』といったものもあり、そこには小学生時代にはなかった『異性への恋愛欲求・性的関心』『異性と親密に付き合うことの難しさ(好意を伝える恥ずかしさ・好意を受け容れてもらうことの難しさ)』なども含まれている。

思春期の親離れ(子離れ)と思春期モーニング1:新たな代理対象の発見・獲得

思春期の子供たちは、大人が容易には入れない『自分たち同世代だけの社会・世界』を作る傾向があり、そこで『親友・仲間集団・恋人(彼氏彼女)』を求めて、様々な人間関係や正負の感情、成功・失敗を体験して精神的(人間的)に成長していくのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 10:07 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[思春期の親離れ(子離れ)と思春期モーニング1:新たな代理対象の発見・獲得]

思春期の親離れ(子離れ)と思春期モーニング1:新たな代理対象の発見・獲得

思春期・青年期の『親離れによる精神的自立』は、父母対象表象を喪失した悲しみを克服するための“喪の仕事”である『思春期モーニング(adolescent mourning)』を引き起こす。

思春期モーニングの心的過程では、今まで依存していた父母対象表象に対してリビドー(心的エネルギー)が向けられなくなり、『対象喪失の悲哀・不安』が生まれてくるが、この悲哀・不安の克服にあたっては『代理対象の獲得』が重要になってくる。

思春期・青年期の発達段階では、父母から精神的自立を遂げるに従って、父母以外の他者・集団の『代理対象』に興味関心を抱くようになり、親しくコミュニケーションを取って特別な関係を築いたり、持続的な帰属感(所属感)を持ったりする。思春期モーニングによる不安定な心理状態を緩和・改善してくれる代理対象になりやすいものとしては、『同性の友人(親友)・信頼できる先輩・異性の恋人・学校のクラス・家族代理となるピアグループ(仲間集団)』などがある。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 10:05 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

[思春期・青年期の精神発達と精神分析学3:親への幻滅と親子の境界線の確立・自立]

思春期・青年期の精神発達と精神分析学3:親への幻滅と親子の境界線の確立・自立

内的(無意識的)な対象喪失の心的プロセスである『思春期モーニング(adolescent mourning)』は、思春期早期から青年期まで連続的に一貫して続く心的プロセスだと考えられており、子供時代の依存的・愛着的な親子関係から離脱することによって、子供は大人に向かう精神的自立・成熟のとっかかりを得ることができるのである。

思春期・青年期の精神発達と精神分析学2:親離れと子の自立

思春期モーニングの重要性については、精神分析家のF.パイン(F.Pinne)も指摘しており、『対象喪失の悲哀・不安』に耐える心的能力を獲得することによって、人間は自律的かつ責任主体的な人生を営めるように成長していくことになるのである。

内的(無意識的)な体験としての思春期モーニングが進展するプロセスとしては、まず幼児期に形成された理想的な親イメージが崩れて幻滅を感じる『脱錯覚(disillusionment)』がある。過去の乳幼児期において万能の存在として自分を保護してくれていた両親も『ただの当たり前の一人の人間(強さだけではなく弱さも多く持っている一人の人間)』だということを心から深く実感することによって、それまでの幻想的な錯覚が解除される脱錯覚が起こるのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 19:32 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[思春期・青年期の精神発達と精神分析学2:親離れと子の自立]

思春期・青年期の精神発達と精神分析学2:親離れと子の自立

思春期・青年期の子供は『自分のパーソナルスペース+プライベート領域』を大人(親含む)から土足で侵犯されることを神経質なまでに嫌うことが多く、ただ掃除をするためだけに母親が部屋に入っても機嫌を悪くしたり、『友人関係・異性関係・学校生活』についてあれこれ質問されるようなことも嫌うところがある。

思春期・青年期の精神発達と精神分析学1:思春期モーニング(adolescent mourning)

精神的な親離れ(依存心の弱化)が進むにつれて、精神的な自立と共に親とは別の『自分のパーソナルスペース+プライベート領域』が拡大してくるからだが、この自立性を高める精神発達プロセスを通して幼少期から抱いてきた親のイメージが変質して、『依存していた父母像』を喪失する『思春期モーニング(adolescent mourning)』の体験が起こるのである。

思春期モーニングというのは『内在的かつ無意識的な対象喪失体験』であるが、それとは別に親の死去、父母の離婚、別居、児童虐待などの『偶発的(外在的)かつ意識的な対象喪失体験』が起こることもある。そして、内在的な対象喪失と偶発的な出来事による対象喪失が重なって起こると、思春期にある子供は精神的危機(トラウマの要因)や不適応状態に陥りやすくなってしまう。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 19:30 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[思春期・青年期の精神発達と精神分析学1:思春期モーニング(adolescent mourning)]

思春期・青年期の精神発達と精神分析学1:思春期モーニング(adolescent mourning)

思春期・青年期の発達課題には『親子関係の成熟』が含まれているが、それは『親離れ・子の精神的自立』とほぼ同義のものである。幼少期に形成された親に対する『愛着・依存・甘えの心理』が緩やかに薄まっていき、子が自分の人生を『自分の能力と責任・社会参加・対人関係』の元で選択して自立していくプロセスが思春期・青年期の発達課題の達成につながっていく。

精神科医・精神分析家の小此木啓吾(おこのぎけいご,1930-2003)は、思春期・青年期の精神発達過程においてそれまでの親密で依存的な親子関係から離れていくことで『内的な対象喪失・喪の仕事(モーニング,mourning work)』が行われるという仮説を提起した。

“親”は精神分析の対象関係論では、自分と同じくらいに大切な対象であるという意味で“自己対象”と呼ばれたりもする。『親離れ・子の自立』というのは、『潜在的な愛着・依存の対象(親)』が自分が自立することで失われるという『対象喪失(object loss)』の体験としての一面を持っており、小此木啓吾はこの思春期・青年期の対象喪失を特に『思春期モーニング(adolescent mourning)』と呼んだのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 19:28 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

[ノマド(nomade)とは何か?2:束縛のない自由へのノスタルジックな憧憬]

ノマド(nomade)とは何か?2:束縛のない自由へのノスタルジックな憧憬

ジル・ドゥルーズはノマド的な生活様式や集団特性を『戦争機械』と呼んでいるが、これはノマドの遊牧民が好戦的な民族だといっているのではない。ノマドの遊牧民は略奪経済や定住民との争いのために、『戦争』を『ハレ(祝祭)』と解釈して勇敢かつ遊戯的に戦い抜くことができるのであり、戦争は生活や経済の一部として組み込まれているある種の必然の行為(しかも娯楽性・祝祭性を帯びた行為)であった。

ノマド(nomade)とは何か?1:近代的な国民国家・労働規範における異質性・反対性の観念

農耕牧畜や企業労働をする定住民(近代国家の労働者・文明人)から見れば、ノマドやその生活様式は『異質・野蛮・恐怖』であるだけではなく、経済社会や教育制度の束縛から離脱して自由に自律的・本能的(自然的)に生きているという意味での『憧憬・郷愁・本能のうずき』を呼び覚ますものである。その意味で、自然的(非制度的)で本能的(非装飾的)なノマドは文明人・近代人にとっての“ノスタルジーの表象”としても機能しているのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 23:25 | TrackBack(0) | の:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ノマド(nomade)とは何か?1:近代的な国民国家・労働規範における異質性・反対性の観念]

ノマド(nomade)とは何か?1:近代的な国民国家・労働規範における異質性・反対性の観念

ノマドとは具体的な存在としてはロマ(ジプシー)の遊牧民や砂漠の商隊(キャラバン)を指しているのだが、現代思想ではリゾームと並んで近代的・国家的な縦の階層序列にはめこまれない『自由・漂流・自己責任・不確定・自律』の表象としてノマドの概念が用いられることが多くなっている。

ノマド(遊牧民)は、ナチスドイツからロマ(ジプシー)の人々が迫害され弾圧されたように、基本的性質として近代的な国家権力に十分に従属せずに『自律的・自然的・伝統的な遊牧生活』を送ろうとする性質を持っている。

ノマドロジー(nomadologie):ドゥルーズとガタリの『千のプラトー』の現代思想

束縛を嫌う自由なノマドは、『近代的な国民国家の一員(国民)』として規則正しい労働者生活(サラリーマン的な生活)や学校教育の制度に取り込まれたくないという『自律的な反国家性(反階層性・脱規律性)』を持っている。

そのため、定住民(近代人)から見ればノマドは常に『異邦人や非文明人・異質な敵・労働適応しない怠惰な者』といった特徴を持っており、古代中国の王朝にとって北方遊牧民(匈奴・モンゴル族など)が『侵略者・略奪者』であったように、ノマド(遊牧民)は労働して生産せずに暴力で奪おうとする無法者(非文明の敵・怠惰な者)として認識されやすかったのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 23:23 | TrackBack(0) | の:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ノマドロジー(nomadologie):ドゥルーズとガタリの『千のプラトー』の現代思想]

ノマドロジー(nomadologie):ドゥルーズとガタリの『千のプラトー』の現代思想

ドゥルーズとガタリの『千のプラトー』で展開されているポストモダンの現代思想の前提になっているのは、ヨーロッパ諸国よりも日本・アメリカで早く進展してきた『高度資本主義・消費文明の生産と消費の拡大』である。

リゾーム(rhizome):ドゥルーズとガタリの『千のプラトー』の現代思想

更に、2000年代以後に起こってきた非国家的な企業単位・個人単位の経済競争が主流となる『グローバリズム』までもリゾームは射程に入れている。前近代的な身分制の階層序列や近代的な国家権力・公的機関の階層序列の強制力が通用しづらい複雑かつ多方向的な現実(リアル)が現代では拡散し続けている。

資本主義や金融経済の拡大が、生産(労働)と消費(購入)の主体である個人を自由にしてきた側面があるが、ドゥルーズとガタリが思索した時代を越えた現代では『グローバリズムの進展による格差・貧困』もリゾームの自由に当てはまらない新たな問題として深刻化している。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 23:21 | TrackBack(0) | の:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[リゾーム(rhizome):ドゥルーズとガタリの『千のプラトー』の現代思想]

リゾーム(rhizome):ドゥルーズとガタリの『千のプラトー』の現代思想

フランスの哲学者ジル・ドゥルーズ(Gilles Deleuze,1925-1995)と精神科医フェリックス・ガタリ(Pierre-Felix Guattari,1930-1992)の共著『千のプラトー』の比喩的な概念あるいは哲学用語として『リゾーム(rhizome)』がある。

ドゥルーズやガタリのポストモダンの現代思想は1980年代の日本の思想界でも流行して、浅田彰(あさだあきら)『構造と力』などの著作が書かれた。

『千のプラトー』の序論でジル・ドゥルーズが提唱したリゾーム(rhizome)は、単語の直接的な意味としては『地下茎・根状茎』であるが、上下関係や二項対立の特徴を持つ階層秩序の『ツリー状』と反対の意味を持つ概念として定義されている。リゾームとは不確定な状態にある諸要素が相互横断的に生成されている複座かつ自由な状態であり、階層秩序・予定調和を壊して不確定性を増している現代社会(資本主義)の現実を捉えた概念なのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 23:19 | TrackBack(0) | り:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする