ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年05月22日

[ヴァルター・ベンヤミンの暴力批判論2:神話的暴力と神的暴力による革命論(絶対平和論)]

ヴァルター・ベンヤミンの暴力批判論2:神話的暴力と神的暴力による革命論(絶対平和論)

ベンヤミンは法措定的暴力と法維持的暴力を『法暴力』と定義したが、この法暴力は更に『神話的暴力』とも呼び変えられる。法的・神話的な暴力の根底にある根源的暴力のことを『神的暴力(純粋暴力)』と呼んで、神的暴力(純粋暴力)は人間世界の範囲に縛られないもので、人間の領域を超越したイメージ的な暴力の源泉でもある。ベンヤミンの神話的な暴力起源論の理解は難しい。

ヴァルター・ベンヤミンの暴力批判論1:法措定的暴力と法維持的暴力

初めに神の荒ぶる声で『神的宣言』が発せられて、神と人間との間に境界線が引かれ、人間存在が偶有的に生起する『原エクリチュール』の現象が起こることによって、純粋暴力としての神的暴力も生み出されるのである。人間の領域で神的暴力(純粋暴力)が繰り返し発動されると、人間社会でも法措定的暴力による法秩序形成の動きが出てきて、『神と人の区別・法的なものと非法的なものとの区別・聖と俗の区別』などが順次行われていくことになる。

すべての経験可能な人間の暴力の背後や根源に、『神的暴力(純粋暴力)』のような人類を暴力が存在する世界に引きずり込んでいくような圧倒的な根源的な力が存在することをベンヤミンは神話的に語っているのである。人間の世界における『神話的暴力』と神の世界における『神的暴力』の違いは、以下のような概念で語られている。

続きを読む


posted by ESDV Words Labo at 09:51 | TrackBack(0) | へ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ヴァルター・ベンヤミンの暴力批判論1:法措定的暴力と法維持的暴力]

ヴァルター・ベンヤミンの暴力批判論1:法措定的暴力と法維持的暴力

ドイツの文芸批評家・哲学者のヴァルター・ベンヤミン(Walter Benjamin,1892-1940)は、近代の複製技術によってオリジナル(原型)の作品のアウラが失われていくという芸術論の『複製技術時代の芸術(1936〜1939年)』や断片的な随想集である『パサージュ論(1935年,1939年)』で知られている。

ヴァルター・ベンヤミンは前期には近代国家の権力に内在する暴力性を批判した『暴力批判論(1921年)』を書いているが、これは制限のない国家権力は『軍隊・警察などの暴力装置』の恣意的な運用によって、市民生活の自由・安全を逆に脅かしてしまうリスクがあることを指摘した当時としては画期的な著作であった。啓蒙主義の近代の時代に入ってもなお、日常生活のさまざまな分野に暴力現象が溢れかえっていることをベンヤミンは批判し、近代的な法体系を暴力と暴力批判の視座(無政府主義・立憲主義のどちらにもつながる視座)から理念的に捉え直しているのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 09:49 | TrackBack(0) | へ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする