ウェブとブログの検索

カスタム検索





2017年03月26日

[アスペルガー障害の知的能力の偏り:セントラル・コヒーレンス仮説(中枢性統合仮説)]

アスペルガー障害の知的能力の偏り:セントラル・コヒーレンス仮説(中枢性統合仮説)

アスペルガー障害の人は知的能力(言語能力・計算能力・空間認識能力)が高かったり、特定の専門分野についての知識・情報が異常に多かったりすることはあるが、TPOに合わせた常識的な振る舞い方や日常的な雑談・対応のような誰でも簡単にできるようなことが苦手になりやすい傾向がある。高機能自閉症では具体的な事物・名前の記憶能力や視覚的・空間的な再現能力が優れていることが多いが、『抽象的な思考・一般化の能力』が低いことがある。

アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴2:自分の感情・感覚も自覚しづらい

アスペルガー障害も高機能自閉症に類似した能力の偏りが見られることはあるが、『抽象的な思考・一般化の能力』が特別に劣っていないケースも多い。ただ『客観的な知識・情報』『主観的な意見・感想』とを織り交ぜて書くような文系学部に多い論文・レポートが苦手なことは多い。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 22:45 | TrackBack(0) | あ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴2:自分の感情・感覚も自覚しづらい]

アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴2:自分の感情・感覚も自覚しづらい

アスペルガー障害の思春期以下の子供・未成年者には、自分から積極的に話しかけていこうとしてよくしゃべる人が多いが、『自分の興味関心があることだけをまくし立てるように話す+相手の話を聞こうとする姿勢がなく感情も推測しない+TPOや相手の表情・反応にほとんど注意を払わない』という特徴があるので、『双方向的な会話のキャッチボール』がなかなか成り立たないということになる。

アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴1:語彙は豊富だが一方的

アスペルガー障害の人も成長するに従って、他者との会話や人間関係の経験を積んで学ぶことができるので、少しずつ相手の話を聞けるようになり、表情・態度を見てから話すという『双方向的なコミュニケーション』もある程度はできるようになるが、自分の関心のある話題になると過度に熱中して、相手の反応をほとんど見ずに一方的に話し続けやすい傾向はある。

アスペルガー障害の一方的なコミュニケーションの原因としては、話したり書いたりのアウトプットの能力である『表出性言語能力』に対して、相手の言葉を聞き取って適切に理解する能力である『受容性言語能力』が低いということもある。受容性言語能力には、相手の話した言葉をしっかり聞いて意味を理解するという直接の能力だけではなく、状況や文脈を適切に理解するという高度な社会的認知の能力も含まれている。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 22:36 | TrackBack(0) | あ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴1:語彙は豊富だが一方的]

アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴1:語彙は豊富だが一方的

アスペルガー障害の特徴として『社会性(対人関係)の障害』があるが、この障害によって、暗黙のルールやマナーとしてある社会常識が分からなかったり、前後の文脈(状況)を理解する能力が低かったりする。TPOに合わせる社会常識や他者の気持ちがよく分からないために、突然悪気もなく他人に失礼なことを言ってしまったり、相手の短所・コンプレックスに触れるような発言を遠慮なくしてしまうのである。

『その相手に言ってはいけないこと』や『その場で話すべきではない話題・質問』が分からないために、アスペルガー障害の人には『人を怒らせやすい・人に不快な思いをさせやすい』という対人トラブルを起こしやすいが、本人は相手がなぜ率直な疑問・意見を嫌がって怒るのか分からず逆に不満や理不尽さを感じてしまうことさえある。相手(他者)が自分の言動をどのように受け取って解釈しているのかということが想像できず、また初めから他者の思惑・感想に対する共感的な興味も薄いのである。

アスペルガー障害の特徴には『コミュニケーションの障害(状況に合わせた言語の用い方の障害)』もあるが、アスペルガー障害は『知的障害がないことの前提(自閉症スペクトラムでいう高機能群)』があるので、自閉症のような言語能力・言語発達そのものの著しい遅れ・障害があるわけではない。アスペルガー障害は言語発達に遅れがなくて言語能力も正常圏にあるのだが、他者との双方向的なコミュニケーションが苦手だったりトラブルを起こしやすかったりするのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 22:32 | TrackBack(0) | あ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする