ウェブとブログの検索

カスタム検索





2017年07月31日

[精神分析的面接で『自己(self)』をどう評価するか?:自己愛・自己アイデンティティー]

精神分析的面接で『自己(self)』をどう評価するか?:自己愛・自己アイデンティティー

ジークムント・フロイトの精神分析でいう『自己(self)』は、意識的あるいは無意識的な自分自身とほぼ同義である。フロイトの同志で途中で訣別したカール・グスタフ・ユングは、普遍的無意識(集合無意識)の内容である元型(archetype)の一つとして『自己(self)』を定義している。

ユングの分析心理学でいう『自己(self)』には『意識と無意識を合わせた全領域の中心』といった意味がある。更に精神療法としての分析心理学(ユング心理学)では、意識と無意識のバランスが取れた自己に近づく『個性化(自己実現)のプロセス』が、精神病理の状態からの回復につながると考えられている。

精神分析で評価される外的な対人関係と内的な対象関係2:過去の対象関係・トラウマの影響の意識化

精神分析的面接でクライエントの『自己』を評価していく場合には、はじめに『自己愛』『自己アイデンティティー』に着目することが多い。自己愛の発達ラインには『誇大自己(野心に向かうベクトル)』『理想的な親イマーゴ(理想に向かうベクトル)』の軸があるが、主に自分の野心を実現しようとする誇大自己と実際の自分との違いが評価の対象になってくる。

どのような内容や大きさの誇大自己を持っているかを観察して、『誇大自己の大きさ』『現実の自分の能力・魅力』を比べて、現実生活や人間関係の中でその野心に向かう誇大自己をどのくらい満たせているかを評価していく。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 04:55 | TrackBack(0) | せ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[精神分析で評価される“外的な対人関係”と“内的な対象関係”2:過去の対象関係・トラウマの影響の意識化]

精神分析で評価される“外的な対人関係”と“内的な対象関係”2:過去の対象関係・トラウマの影響の意識化

精神分析的面接を受けることの意味は、『現在の対人関係(親子・夫婦・恋人・友達との実際の対人関係)』に間接的な影響を与え続けている『(過去の重要な対人関係が原型となった)内的な対象関係のパターン』を理解して肯定的に変えることである。

精神分析で評価される外的な対人関係と内的な対象関係1:転移感情

繰り返される好ましくない『内的な対象関係のパターン』がどんなものであるかを的確に把握して、その原型となっている『トラウマティックな家族関係・親子関係』を言語化(意識化)して受容していく心の仕事も含まれている。

『外的な実際の対人関係』『内的な表象(イメージ)の対象関係』の質・水準を評価して、外的な対人関係において繰り返される内的な対象関係とその根本にある『過去の原型的な親子関係(あるいは過去の重要な人間関係の絡むトラウマ記憶)』を明らかにしていくのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 04:54 | TrackBack(0) | せ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[精神分析で評価される“外的な対人関係”と“内的な対象関係”1:転移感情]

精神分析で評価される“外的な対人関係”と“内的な対象関係”1:転移感情

フロイト以後の精神分析では、幼児期の移行対象を取り上げたドナルド・ウィニコットや英国独立学派を立ち上げたメラニー・クラインをはじめとして、対象関係(object relation)を重視した人物が多い。

精神分析でいう『対象関係(object relation)』とは、内面心理にある他者の表象(イメージ)との関係であり、自分の外部に実際にいる他者と自己との関係でもある。その意味で、対象関係には『内的な表象(イメージ)との関係性』『外的な実際の他者との関係性』という二つの関係性が含意されていることになる。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 04:51 | TrackBack(0) | せ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする