ウェブとブログの検索

カスタム検索





2009年09月30日

[トゥレット障害(Tourette disorder)・チック症(tic)]

トゥレット障害(Tourette disorder)・チック症(tic)

チック症(tic)『幼児期・児童期』に発症しやすい不随意性の精神神経障害であり、APA(米国精神医学会)のDSM-IV-TRやWHO(世界保健機関)のICD-10では『トゥレット障害・トゥレット症候群』の症状としてチックが定義されている。トゥレット障害(Tourette disorder)は、疾患の発見者であるフランスの神経科医ジル・ド・ラ・トゥレット(Georges Albert Edouard Brutus Gilles de la Tourette, 1857-1904)の名前に因んで『ジル・ド・ラ・トゥレット症候群』と呼ばれることもある。

トゥレット障害で起こるチックとは、自分の意識とは無関係に突発的に起こってしまう『運動・動作・音声(発声)』のことであり、目をパチパチさせたり鼻をフンフンいわせたり喉をゴロゴロ鳴らしたり、身体をビクンと震わせたり奇声を発したりしてしまう症状である。

チックの運動や発生は『突発性・反復性・習慣性・非律動性・常同性』という特徴を持っていて、自分の意志や判断でチックの突発的に起こる症状をコントロールすることはできない。発作性の症状の発症が18歳未満であり、4週間以上にわたって『身体各部の多彩なチック症』が持続する場合にトゥレット症候群の医学的診断が為される。

チックは精神分析や心理療法の対象として研究された歴史が長く、かつては『心因性の疾患』と考えられていたが、現在では脳の機能的障害(ドーパミン系神経の障害)を原因とする『遺伝性・器質性の疾患』としての側面を強く持っている。トゥレット症候群は親がチックを持つ場合に、子どももチック症を持ちやすくなるという『家族因性』を持っているという報告もあり、神経質・抑制的(消極的)・刺激過敏性といった『親子間の性格的(気質的)な類似性』も指摘されることがある。

トゥレット症候群の症状であるチックには、脳内の情報伝達プロセスの障害という『生物学的原因(神経学的原因)』と親子間の愛情不足(心細さ)や過度のストレス状態(緊張感・不安感)という『心理学的原因(精神的ストレス・早期母子関係)』の双方が関係していると考えられる。

古典的な精神分析では、チック症を親子関係での愛情剥奪(保護的環境の欠如)による習癖という風に解釈することも多かったが、現在ではチック症の心理学的原因は親子関係の葛藤だけではなく、『緊張しやすく過敏でストレスを感じやすい性格傾向』が関係しているとされる。

不随意的な運動反射・音声反射であるチックは大きく分類すると、『運動性チック』『音声チック』に分類することができる。チック(トゥレット症候群)は、ADHD(注意欠陥多動性障害)やLD(学習障害)、広汎性発達障害(自閉症)、強迫性障害などとオーバーラップ(合併)することも多い。

運動性チック……目をパチパチさせる・肩(身体)をビクンと動かす・口を歪める・頭を振る・鼻をフンフン鳴らす・喉をゴロゴロ鳴らす・背伸びするように飛び上がるなど。

音声チック……突発的に奇声を出す・反射的に汚い言葉(罵倒やわいせつな言葉)を発する・鼻を鳴らす・無意味な発声をするなど。

トゥレット障害・チック症の治療では、薬物療法と心理療法を組み合わせて実施するが、チックを持つ子どもに『声を出してはいけない・まばたきしてはいけない・動いてはいけない』といったチックを止める指示を出しても緊張感が高まって逆にチックの症状が悪化する可能性が高い。チックの心理療法では子どもの精神的ストレスを和らげて、日常生活や親子関係における不安感(緊張感)を減らすことが大切であり、心身共にリラックスして生活できる環境・関係を整えてあげるとチックが弱まってきやすい。

薬物療法では、ドーパミン系神経を遮断するアンタゴニストであるハロペリドールなどの抗精神病薬(メジャートランキライザー)が処方されることがある。チックは学校生活の中で症状が目立ちやすく、友達などからチックを指摘されたりからかわれたりすることで、『二次的な劣等感・自信喪失・不登校の問題』が生じることもある。

学校の友人関係に問題が見られるのであれば、担任教師や友達の親にも協力して貰って、チックに対する正しい知識・理解を持ってもらうことが必要になることもあるだろう。チックに対する偏見や誤解を改めていきながら、チックを持つ子どもが学校生活・友人関係に自然に無理なく適応できるようなバックアップをすることが大切であり、リラックスして楽しく学校生活を送れることがチックの改善にも役立つと考えられる。



posted by ESDV Words Labo at 12:17 | TrackBack(0) | と:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。