ウェブとブログの検索

カスタム検索





2009年11月07日

[ツベルクリン反応・ツベルクリン皮膚検査(tuberculin skin test)とBCG]

ツベルクリン反応・ツベルクリン皮膚検査(tuberculin skin test)とBCG

ツベルクリン反応(tuberculin skin test)とは、結核感染のスクリーニング検査に用いられる免疫反応(免疫応答)のことである。1890年にドイツの科学者・医師であるロベルト・コッホ(Heinrich Hermann Robert Koch、1843-1910)によって、結核菌からグリセリン抽出されたツベルクリン液(結核菌を薄めた抗原)が作成され、クレメンス・フォン・ピルケのアレルギー反応の発見によってツベルクリン皮膚検査が実用化されることになった。

ツベルクリン液とは、『薄めて無毒化した結核菌』から分離精製された複数のタンパク質であり、ツベルクリン液には結核発症の作用はなく安全性が確認されている。ツベルクリン皮膚検査では前腕に皮内注射を行って、48時間後の皮膚反応(発赤の大きさ)を測定することになるが、その判断基準は以下のようになっている。

陰性:注射部位の発赤の長径が10mm未満=結核に感染していないと推測されるが、結核に対する抵抗力(免疫)がないのでBCG(牛型結核無毒化ワクチン)を接種する。

疑陽性:注射部位の発赤の長径が10mm以上であるが硬結・2重発赤がない=結核に感染しているリスクは低い。

中等度陽性:注射部位の発赤の長径が10mm以上で硬結がある=発赤の長径が30mm以上になると、結核感染のリスクを排除できない。

強陽性:発赤の長径が10mm以上で硬結以外にも2重発赤,水疱,壊死などが発症している=結核感染のリスクが高いと推測される。

結核に感染していたり感染の履歴がある場合に、ツベルクリン反応の発赤が現れるが、これは結核菌に対する抗体が作られていて免疫応答(免疫力)があるということを示している。そのため、ツベルクリン皮膚検査で発赤がほとんど見られない陰性の被検者は、結核感染を予防するためにBCG(牛型結核無毒化ワクチン)を接種したほうが良いということになる。

一方で、結核感染が沈静化している海外では、BCG接種は必ずしも必要がなく逆に副作用のリスクがあるという見解もある。1〜3週くらいの間隔でツベルクリン皮膚検査を繰り返すと発赤反応が増大する『ブースター現象』が見られることがあるが、疑陽性の患者やハイリスク群と推定される医療関係者などは『2段階ツベルクリン反応法』を行うほうが望ましいとする見解もあった。

2005年3月までは、乳幼児にツベルクリン反応検査を行なってから、陰性者にのみBCGを接種する方式になっていたが、平成17年(2005年)4月の法改正では生後6ヶ月までの乳幼児の定期接種で、ツベルクリン反応検査を行わずに直接BCGを接種することが決められた。生後6ヶ月以上の乳幼児のケースでは、結核菌に対する抗体の有無を調べるツベルクリン反応検査を行なった後に、BCGを接種することが多い。ツベルクリン反応によって結核に感染するリスクというのは、一般的には無視して良いほどに低く、妊婦への安全性も確認されている。

ツベルクリン反応検査の問題点は、陽性反応が出た場合に『結核感染の影響』『BCG接種の影響』とを厳密に区別できないことであるが、最近では結核感染の有無を調べる医学的検査として『クォンティフェロン』という方法が用いられることもある。

クォンティフェロンでは採血した被検者の血液に結核菌に特異的な二種類のタンパク質(ESAT-6・CFP-10の抗原)を加えて、その抗原に対する免疫応答反応がどれくらい起こるかを測定する。具体的には、二種類のタンパク質に対する免疫反応によって、Tリンパ球から放出されるインターフェロンγの量を測定することになる。



posted by ESDV Words Labo at 18:57 | TrackBack(0) | つ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック