ウェブとブログの検索

カスタム検索





2010年02月03日

[ジョルジュ・バタイユの『呪われた部分』2:未開社会の贈与経済と過剰化‐過少化のサイクル]

ジョルジュ・バタイユの『呪われた部分』2:未開社会の贈与経済と過剰化‐過少化のサイクル

この項目は、[前回の記事]の続きになります。ジョルジュ・バタイユは、社会共同体や生命体における周期理論(サイクル論)として『過剰化過程と過少化過程のサイクル』を想定しており、財・エネルギーがぎりぎりまで過剰になる過剰化サイクルが終わると、何らかの制度や破綻によって過少化サイクルへの転換が起こると説く。

人間の経済社会や文化活動における『過剰化過程・過少化過程』は、そのまま『生産活動・消費活動』に対応することになるが、近代的な資本主義の経済システムではどうしても、『生産・蓄積・投資の過剰化過程』が優勢になってくる。

その結果、社会に必要以上の『財・貨幣・エネルギー』が充溢することになると、バブル崩壊・経済恐慌(供給過剰)・戦争のような過少化過程への急速な転換が起こりやすくなるとバタイユはいう。未開社会の贈与経済では、生産して蓄積した財(物資)を一気に使い切って溜め込まないようにする『ポトラッチ(蕩尽のための共同飲食・過剰消費するお祭り)』という祝祭的な儀礼・制度がある。

このポトラッチによって社会共同体の『過剰化過程(財の蓄積)』を強制的に抑制することができ、共同体内部の嫉妬や怨恨、争いを未然に防ぐことができる。この発想は、集団部族の構成員に財(収穫物・獲物)を平等に配分する『原始共産制』とも共通するものがあり、過剰な富の蓄積が偏倚することで生まれる『格差・身分(社会階層の分化)』を抑止する効果を持っていた。

無意識的に繰り返される未開文明のポトラッチ(散財的な富の蕩尽)とは、生産‐蓄積による過剰化のサイクルにブレーキをかけるための『蕩尽のハレの儀礼』として解釈することができる。

バタイユは近代経済社会や資本主義システムにおいても、『過剰化過程・過少化過程のサイクル』は普遍的に見られると主張するが、そのサイクルの移行を強制的に促進するシステムとして、財の蓄積や供給過剰が影響する『経済恐慌(供給過剰・需要不足)』を上げている。『過剰化過程・過少化過程のサイクル』『過剰‐蕩尽のサイクル』は、近代経済学の“景気循環”を文学的・文化人類学的な概念として表現したものと考えることもできる。

景気は好況と不況の波を周期的に繰り返し、金融市場を膨張させて富を急増させるバブル景気はいつか必ず崩壊するようになっている。ジョルジュ・バタイユはこのサイクルや周期性を『過剰‐蕩尽のプロセス』によって解説しているのであり、過剰に蓄積された財やエネルギーは必然的に過少化過程に転換して、『恐慌・失業・戦争』などの悲劇をもたらすことになる。

バタイユは『国家GDP(国内総生産)の上昇や生産性の向上』といった過剰化過程だけに注目する近代経済学を、経済合理性に束縛された一面的な『限定された経済学』と見なしていた。



posted by ESDV Words Labo at 08:30 | TrackBack(0) | は:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。