ウェブとブログの検索

カスタム検索





2010年03月26日

[反精神医学(anti-psychiatry)と近代精神医学]

反精神医学(anti-psychiatry)と近代精神医学

科学主義的・生物学的な近代精神医学の『理論・診断・治療の体系』に反対する20世紀後半の思想潮流のことを『反精神医学(anti-psychiatry)』という。1960〜1970年代にかけて、アメリカやイギリスを中心として反精神医学運動が盛り上がったが、反精神医学運動が主に批判・反対の対象としていたのは『精神医学的な定義・診断』『薬物療法・患者の隔離(収容主義)』である。

WHO(世界保健機関)が編集するICD‐10、アメリカ精神医学会が作成するDSM‐Wのような構造化されたマニュアル診断では、狂気(特殊な心理状態)に対する『診断名のラベリング(レッテル貼り)』が行われてしまい、患者の個性や尊厳が奪われてしまうと反精神医学運動は指摘する。

精神医学や精神病理学の不完全で恣意的な理論(精神疾患の診断基準・分類整理)によって、精神病(精神障害)が生み出され固定されてしまうというのが反精神医学のスタンスであり、精神医学の権威的・マニュアル的な診断に対して強い批判を行った。

反精神医学は『精神の正常−異常・健康−病理』といった二元論的な価値判断を否定して、『精神疾患のラベリング・標準的(定型的)な薬物療法』ではなく『狂気との対話・特殊な心理状態の共感的理解』を治療方略として採用しようとした。

精神医学の科学主義的・実証主義的な態度に対しても、『科学的な権威性(自らの理論の客観的事実性を強調する権威)』によって、精神病者や反精神医学の思想家の『倫理的な反論』を事前に防いでいるという問題が指摘されている。つまり、精神医学は科学的根拠や統計学的傾向を援用することで、自らの疾病理論や臨床実践を『反駁不能な客観的な事実(どんな時も正しい理論体系)』として社会にアピールしているが、実際には診断・統計のマニュアルは全ての患者に当てはまるものとは言えないという主張である。

反精神医学の主張者は、E.クレペリンやグリージンガー以降の科学的な近代精神医学が、異なる立場や価値観からの異論を受け付けない『絶対神学』の域に達しようとしているのではないかという危惧を持っていた。

精神科医からいったん『特定の精神病・精神障害』の診断を下されると、既存の精神医療の範疇における標準療法(入院治療)を受けなければならなくなり、狂気を持つ者は半ば強制的にその治療や薬物の投与を実施されるのではないかという不安・抵抗が反精神医学運動にはあった。



posted by ESDV Words Labo at 21:59 | TrackBack(0) | は:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。