ウェブとブログの検索

カスタム検索





2006年04月22日

[イマキュレート・ハート・プロジェクト(Project at Immaculate Heart)],[エンカウンター(encounter)]

イマキュレート・ハート・プロジェクト(Project at Immaculate Heart)

ヒューマニスティックな自己理論を基盤に置く来談者中心療法(クライエント中心療法)を創始したカール・ロジャーズ(C.R.Rogers)が構想した集団療法(集団カウンセリング)のプロジェクトが、イマキュレート・ハート・プロジェクト(Project at Immaculate Heart)です。

カール・ロジャーズは、それまで会ったことのない人たちが、集団での出会いや体験を通してカウンセリング効果を得るエンカウンター・グループの研究を熱心に行っていました。エンカウンター(encounter)とは、『出会い・遭遇』の意味であり、他者との貴重な出会いやふれ合いを通して、集団カウンセリングの様々な効果(自己成長・問題解決・自己の気づき)を得ようとする試みである。

他者との貴重な出会いであるエンカウンターでは、他人を否定しない温かい雰囲気の集団で、それぞれのメンバーが自分の気持ちや問題を率直に表現していく。エンカウンターとは、お互いに競争して評価し合う社会生活ではなかなか体験することが出来ない『共感的な心と心の交流』であり、お互いを否定せずに、思った事を素直に発現することが出来るカウンセリング的な場である。

エンカウンターの集団体験には、司会者を決めて特定のテーマやトピックを巡ってメンバー同士で思ったことを率直に話し合う『構造的エンカウンター・グループ』と話し合いの場を調整する司会者を置かず特定のテーマも決めずに、人と人との出会いやふれあいを最優先する『非構造的エンカウンター・グループ』とがある。

イマキュレート(immaculate)とは、『清浄で汚れていない、完璧な』といった意味の英語である。イマキュレート・ハート・コミュニティ(IHC)という複数のミッションスクールが提携した教育研究機関がカール・ロジャーズの研究プロジェクトを承認したことで、1960年からイマキュレート・ハート・プロジェクト(Project at Immaculate Heart)が始まった。

2年間にわたってイマキュレート・ハート・プロジェクトの研究調査が進められたが、このプロジェクトによって従来のエンカウンターや集中的集団カウンセリング以上の新たな価値ある知見や理論が得られることはなかった。

カール・ロジャーズは、エンカウンター・グループや集中的グループ体験には、『バディ効果・カタルシス効果・アウェアネス効果』というカウンセリング同等の改善効果が認められるとしたが、イマキュレート・ハート・プロジェクトによって先行研究を上回るような目覚しい成果は上がらなかった。最終的には、経営者側との交渉がうまくいかずに計画は中途で頓挫することになった。



posted by ESDV Words Labo at 14:34 | TrackBack(0) | い:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック