ウェブとブログの検索

カスタム検索





2006年05月16日

[表象としてのイメージを総合的に活用するイメージ分析療法(Image Analysis Therapy)],[自律訓練法・精神分析・行動療法のエッセンス]

イメージ分析療法(Image Analysis Therapy)

イメージ療法とは、内面世界に湧き上がってくる『視覚的・感覚的・情緒的なイメージ』を利用して心理的なリラクゼーションや無意識的葛藤の気づき(洞察)を得ようとする技法である。

イメージは、言語と同じように人間の精神内界において意味内容をもつ表象(presentation)である。表象(presentation)とは、知覚内容・感情体験・記憶機能に由来して、直観的に心の中に形成される『外的対象の心像』である。

表象とは、『精神内界で何かを表現するもの』であり、対象の形態や意味といったものを包摂している。表象に類似した概念・理念と比べると、主観的な要素が強いのが特長であり、表象は、その場で反射的に形成される心像やイメージとしての意味合いを強く持っている。

大きく分類すると表象にはイメージと言語があり、言語は『意志疎通の為の意味』を包摂している部分が大きく、イメージは『視覚形態・情緒体験』を包摂している部分が大きい。イメージ療法を広義に考えた場合には、ユング心理学(分析心理学)のアクティブ・イマジネーションの技法やナンシー学派以来の催眠療法なども含むことになる。

ユング心理学のイメージに関する技法や理論について知りたい人は、『ユング心理学のアクティブ・イマジネーション(active imagination)』『ユング心理学のイマーゴ(Imago)』を参照して下さい。

上述したように、イメージ療法は、クライエントの被暗示性を亢進させて実施する催眠療法とも関係があり、催眠誘導の言語的暗示や呼吸調整(心身弛緩)によるリラクセーションによって意識水準(心理的緊張の覚醒水準)を低下させると『記憶・情緒・人間関係と結びついたイメージ』が浮かび上がりやすくなる。

柴田出が創始したイメージ分析療法(Image Analysis Therapy)は、ここまで説明してきたイメージ療法を統合的に体系化したものであり、心身のリラクセーション効果と精神分析による過去の情動記憶の整理を目指すものである。イメージ療法の理論・技法に『自律訓練法の心身弛緩、行動療法の恐怖・不安に対する脱感作、精神分析の無意識の洞察』を付け加えて包括的な作用機序を持つ心理療法にしたものがイメージ分析療法(Image Analysis Therapy)だといえる。

1932年にドイツの精神科医シュルツ(Shultz,J.H. 1884-1970)が構築した自律訓練法(autogenic training:AT)は、フォクト(Vogt,O. 1870-1959)の催眠療法の実験研究をベースにして生まれたと言われているように、意識水準を低下させてぼんやりした弛緩状態に導く事が重要な治療機序になっている。心身の緊張が緩んだ状態になると、疲労回復のリラクセーションや心身症状の改善効果などが得られる。それと同時に、精神内界に豊かなイメージが湧きあがりやすい『落ち着いた内向的な心理状態』が準備されることになるのである。

不安反応や恐怖反応の逆制止による『脱感作療法』と弱い不安から強い不安へ段階的に直面させていく『系統的脱感作』を開発した行動療法家のウォルピは、筋肉を弛緩させて精神をリラックスさせると、リラクゼーション状態が『恐怖・不安・怒り・悲哀といった不快な情動』と拮抗(打ち消しあう)すると考えた。イメージ分析療法では、行動療法の脱感作を、不快な侵襲的イメージや強烈な恐怖・悲哀を伴うイメージを効果的に鎮静する為に用いる。

精神分析のエッセンスは、反復的な感情と結びついたイメージの分析や強迫的な思考・侵入的な記憶と結びついたイメージの分析に用いることになる。過去の不快な記憶と結びついたイメージやトラウマ的な対人関係の記憶と結びついたイメージから無意識的な葛藤や欲望を洞察することになるが、このイメージ分析療法を実施する為には、心理臨床家(カウンセラー)が十分に精神分析療法に精通している必要があるだろう。

心理療法で内面に生起するイメージを取り扱う技法や理論は数多くあるが、イメージ分析療法を適用する際にはまずクライエントの意識水準を低下させてイメージが想起しやすい心理状態を準備しなければならない。

イメージ療法とは『無意識領域と意識領域を架橋する表象としてのイメージ』を、どのようにして現実適応や症状改善、人格成長に結び付けていくのかという心理学的アプローチのことであり、心理臨床家には、クライエントのイメージの意味や実感を洞察する為の繊細な観察や温かい共感が要請されるのである。



posted by ESDV Words Labo at 11:11 | TrackBack(0) | い:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック