ウェブとブログの検索

カスタム検索





2014年03月07日

[リビングウィル(living will)と尊厳死・安楽死:1]

リビングウィル(living will)と尊厳死・安楽死:1

リビング・ウィル(living will)とは『終末期医療(ターミナルケア)に関する生前の意思表示』『自分の延命措置に関する事前の指示書』といった意味である。リビング・ウィルは、病気・事故によって本人の自由意思を直接確認することができなくなった『終末期医療(ターミナル・ケア)』において、その効力を発揮するとされる。

『尊厳死・安楽死』の法律的な是非や倫理的な善悪を判断する倫理学的議論の中で、本人が延命措置(延命治療)を希望するか尊厳死・安楽死を希望するかの『リビング・ウィル』が取り上げられることが多い。

リビング・ウィルの効力(有効性)の最大の根拠は、自由主義原理と私的所有権であり、具体的には自分の生命や身体を自分自身が所有していてそれを自由に取り扱うことができるという『自己所有権・自己決定権』がその有力な根拠となっているが、そこに苦痛と絶望だけの末期の延命は質的に劣ったものになるという『QOL(人生の質)』の価値判断が加えられている。

尊厳死(death with dignity)安楽死(euthanasia)は厳密には異なる概念とする見方が多いが、現実の実施形態としては類似したものになることは多い。尊厳死は回復不能な苦痛の激しい病気の人や意識のない昏睡状態になった患者の『延命治療』を中止することである。尊厳死とは患者本人の自由な意思表示に裏付けられた『患者の尊厳』を守ろうとするものだが、安楽死のほうは様々な理由に基づく『患者の自死の願い』を直接的あるいは間接的に幇助するものである。

安楽死とは『これ以上生きたくない・死にたい』という患者本人の自発的意志を前提としたものだが、現時点では『無条件の安楽死』を承認する国家はなく、無条件の安楽死を支持する医学者や政治家、哲学者(生命倫理学者)も非常に少ない。

回復不能な病状や意識の消失(昏睡)、耐え難い苦痛の存在といった『安楽死のための一定の条件』を課していることが多い。安楽死は安楽死以外に選択可能な手段がないという一定の必要条件を課した上で、医師が自殺幇助につながる行為を行うことを指しているが、尊厳死と比較すると医師が致死性の薬物投与をするような『積極的安楽死』を含めることもある。

『積極的安楽死』とは、医師が自殺幇助を目的として筋弛緩剤や劇毒物を注射(点滴)するなどして能動的に患者を死亡させることであり、『消極的安楽死』とは、医師が人工呼吸器・人工心肺装置を取り外したり延命治療を中止することで、(医療的措置をしないことによる)患者の自然死のプロセスを促進させることである。



posted by ESDV Words Labo at 02:47 | TrackBack(0) | り:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。