ウェブとブログの検索

カスタム検索





2015年01月15日

[心理臨床家(カウンセラー)の仕事の難しさ:間主観的世界と客観化の世界のバランス]

心理臨床家(カウンセラー)の仕事の難しさ:間主観的世界と客観化の世界のバランス

心理臨床家(カウンセラー)は、クライエントの心と率直に向き合う心理面接のカウンセリングを実施しながらも、自分とクライエントの人間関係が今どのような特徴を持っていて、どの方向に変化しているのかを『関与観察・自己観察(セルフモニタリング)』しなければならない。

心理臨床家のカウンセリングの仕事とラポールの関係性:1

心理臨床家のカウンセリングの仕事とラポールの関係性:2

心理臨床家(カウンセラー)の仕事の難しさは、『リアルタイムのカウンセリングの実践者』であると同時に『メタレベルのカウンセリングの観察者』でもいなければならないことである。カウンセラーはクライエントの心・訴えと率直かつ共感的に向き合いながらも、その関係性や転移感情に呑み込まれてしまわないだけの『クールな理性・メタレベルの観察者の視点』を維持できなければ務まらないのである。

カウンセリングは“心理臨床家(カウンセラー)の主観”と“クライエントの主観”が相互にぶつかり合ったり交流し合ったりする『間主観的体験の場』として一般的には理解されている。

だがそれだけではなく、『臨床心理学・基礎心理学・心理療法理論・精神医学(精神病理学)』などの客観的・学術的な知識基盤を活用しながら、カウンセラーがクライエントとの適切な心理的距離を保ち、メタレベルでカウンセリングの展開や人間関係の変容を観察している『セルフモニタリングによる客観化(法則適用による科学的思考)の場』でもあるのだ。

心理臨床家(カウンセラー)の自発学習と教育訓練、臨床実践(カウンセリング実施)は、常に上記した『主観的世界(相互の感情の揺れ動き)』『客観的世界(カウンセラーの理性的・観察的な距離を置いたスタンス)』との絶妙なバランスと仕事に対する倫理観・責任感を意識したものでなければならないだろう。



posted by ESDV Words Labo at 05:31 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。