ウェブとブログの検索

カスタム検索





2015年01月24日

[精神医学における『治療関係』と『治療構造』2:心理臨床家とクライエントの作業同盟]

精神医学における『治療関係』と『治療構造』2:心理臨床家とクライエントの作業同盟

クライエントは自分が抱えている問題を解決したり精神病理的な状態を改善したりするために、『現在の自分が直面している現実』を逃げずに直視したり、『現在の自分に必要な認知・行動』を持てるように努力しなければならないが、その苦痛や努力に耐えられるだけのパーソナリティーや意識の力といったものが要請されることも少なくない。

精神医学における『治療関係』と『治療構造』1:クライエントの合理的思考力・治療意欲

心理療法の作業同盟(working alliance)は、心理臨床家(カウンセラー)とクライエントとの共同作業の根底にあるもので、どうして今この心理療法・心理検査を実施しているのかについての共通認識・動機づけの形成にも役立つものなのである。

心理療法の効果を左右することもある作業同盟であるが、この作業同盟を妨害する要因として、『転移感情(情緒的な反応や混乱)』『認知の歪み(客観的現実を正しく認識できない)』『精神病理の影響(病態水準の深刻さによっては医療・薬物療法の対象となる)』などがある。

これらの妨害要因に対して上手く対処したり排除したりするためにも、カウンセラーとクライエントの相互的な信頼関係や治療意欲の強さといったものが重要になってくるのである。

精神医療やカウンセリングにおいて、『治療関係(治療契約・作業同盟)』と同様に重要なものとして『治療構造』がある。精神科医・心理臨床家・医療関係者とクライエントがどのような治療関係を持つかは、『社会的・制度的(法的)・心理的な条件』によって規定されてくるが、そこに『医療的・経済的・時間的・医療組織的な要因』が加わることによって治療構造が形成されることになる。

治療関係と治療構造は、心理臨床家(精神科医)とクライエント(患者)、医療関係者の心理状態や相互作用に、かなり大きな影響を直接的・間接的に及ぼしているのである。治療関係に参加している人たちの心理状態を正しく理解して、治療関係とカウンセリング技法を有効にしていくために、治療構造の設定・条件を調整していくための理論を『治療構造論』と呼ぶこともある。



posted by ESDV Words Labo at 01:17 | TrackBack(0) | せ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。