ウェブとブログの検索

カスタム検索





2015年05月13日

[ボーダーライン・カップル(borderline couple)2:共依存的‐自己愛的な危うい関係性]

ボーダーライン・カップル(borderline couple)2:共依存的‐自己愛的な危うい関係性

ボーダーライン・カップルを題材とした女性精神分析家の著書に、J.ラハカー(J.Lachkar)『自己愛/ボーダーライン・カップル』といった家族療法(夫婦療法・夫婦セラピー)の著書があるが、この著書ではBPDの人同士のカップルは上手くいかないことが事例を元にして説明されている。

片方がパーソナリティー障害のないメンタルケアをしてくれる健常者であるか、自分を特別視して自己評価が高い自己愛性パーソナリティー障害の人であれば、そのカップルは上手くいく確率が上がるのだという。

ボーダーライン・カップル(borderline couple)1:境界性パーソナリティー障害のパートナーを持つ人

ボーダーライン・カップルの関係性が安定している時というのは、BPDの人に対してBPDではない健常者の人が『無条件の愛情・関心・保護』を与えて見捨てられ不安を感じないようにしている時である。だから、夫婦だけの愛情関係に閉じこもっていられなくなる『子供の誕生(赤ちゃんの誕生)』があると、夫(妻)の愛情や関心、ケアが赤ちゃんのほうに奪われてしまったという嫉妬感や被害感から、急速に『相手への評価の低下・見捨てられ不安の高まり・衝動的で暴力的な行為』が増えてしまうこともある。

ボーダーライン・カップルの関係が長期的に上手くいっているケースでは、子供や第三者の介入がないケースが多く、夫婦二人だけの『共依存的‐自己愛的な関係性』にどっぷりと浸かりこんで、片一方の全面的なケアや献身的な愛情などによってBPDに特有の感情・気分の不安定や見捨てられ不安が見えなくされているのである。

相手を満足させて安心させるためであれば、どれだけでも自己犠牲を厭わないような献身的・救済者的なパートナーと結びつくことで、BPDの問題や症状が改善されることはあるが、それはいつ破綻して見捨てられの不満や怒りが爆発するか分からない『狂気的な愛・強烈すぎる執着の世界』としての側面も強く持っている。

ボーダーライン・カップルの夫婦関係や恋愛関係は、感情・気分の波が大きくて気持ちが休まる暇のない劇的でドラマ的なものになりがちである。BPDのパートナーに振り回されるその二人の世界では、『狂気的な愛・異常なしがみつき・愛の深さを試す行為・理想化とこきおろし・衝動性と暴力・誇大自己や救世主コンプレックスの充足・自傷行為と自殺願望』などが常に吹き荒れており、寂しさ・怒り・不安・傷つき・償い・幸福・疎外などの激しい感情が、ある種の悲喜劇として繰り返されている。

スポンサーリンク


posted by ESDV Words Labo at 11:46 | TrackBack(0) | ほ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。