ウェブとブログの検索

カスタム検索





2015年06月22日

[トランスセクシャリズム(性同一性障害)と同性愛・服装倒錯(トランスヴェティシズム)の違い]

トランスセクシャリズム(性同一性障害)と同性愛・服装倒錯(トランスヴェティシズム)の違い

二次的なトランスセクシャリズムには、フェティシズム(物神崇拝)と関係した異性の恰好を好んでする『服装倒錯(transvetisism)』も含まれている。服装倒錯(トランスヴェティシズム)の男性は、女性らしい役割行動や言葉遣いなどはそれほど強調しないことが多く、『女性の服装』をすることそのものに非常に強い欲求と関心を抱いており、行動・態度・言葉遣いの部分ではむしろ男らしい特徴を示すことも少なくない。

一次的なトランスセクシャリズムと二次的なトランスセクシャリズム

服装倒錯の男性は、必ずしも性同一性障害や同性愛になっているわけではなく、『男性性・男性的な自尊心(存在意義)が脅かされるトラウマティックな体験』によって女性の服装や恰好をしたがるようになるエピソードが多いとされている。そういった男性性・男性的な自尊心(存在意義)が脅かされるトラウマティックな体験としては、仕事上の大きな挫折や失業、異性との失恋、配偶者との離婚、愛していた母親の死、依存欲求の拒絶などが想定されている。

トランスセクシャリズムの男性は自分自身の男性的特徴・傾向を嫌悪してできるだけそれらを除去したいと願う『性同一性障害(GID)』であるが、同性愛者や異性服装倒錯者の場合は必ずしも『性同一性障害』を持っているわけではなく、男性であれば『男性としての性自認』を持ったままで男性が性的に好きだったり、女性の服装をしたがったりすることも多い。

究極的には、性同一性障害であるトランスセクシャリズムの男性は『男性器の去勢・除去の性転換手術』を希望するような心理を潜在的であっても持っていることが多いのだが、同性愛者や異性服装倒錯者の場合には『性的快楽とも関係する男性器の除去の希望』を持っていないことのほうが多いという違いがある。

そもそも、同性愛者や異性服装倒錯者の男性は、自分自身が男性であるという性自認そのものには違和感・抵抗感を感じていないことが多く、性的・身体的に『女性になりたい』と思っているわけではないのである。

同性愛者の男性は『男性の自意識を持って男性を性的対象にする』という特徴があるが、トランスセクシャリズム(性同一性障害)の男性は『女性の自意識を持って男性を性的対象にする』という特徴があり、トランスセクシャリズムの男性が男性を好きになるのは心理的には『ノーマルな異性愛』と同じなのである。

スポンサーリンク


posted by ESDV Words Labo at 19:11 | TrackBack(0) | と:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。