ウェブとブログの検索

カスタム検索





2015年07月06日

[希死念慮を持つ患者の“対象喪失+陰性転移”と治療者の側の“逆転移”の問題]

希死念慮を持つ患者の“対象喪失+陰性転移”と治療者の側の“逆転移”の問題

自殺問題を抱えた人の精神分析的な心理状態の特徴としては、医師・カウンセラーなどに対して無意識的な嫌悪や憎悪、敵対心を向ける『転移(transference)』が起こりやすいということがある。

希死念慮を生み出す重症のうつ病などを発症した患者は、過去の人生において重要なつながりのあった他者(親・配偶者・恋人など)から見捨てられる『対象喪失の体験』がトラウマ(心的外傷)となって残っていることが多い。そして、そのトラウマが『過去の重要な他者に向けるべき悪感情』を治療者に対して向け変えるという転移の原因になっているのである。

“死にたい・消えてしまいたい”という希死念慮の主訴を持つ患者に対して、どのような態度で傾聴すべきか?

重要な情緒的関係にあった他者から見捨てられるという対象喪失の体験は、『自己評価や自己肯定感の低さ』につながるだけではなく、自分はこの世に存在する価値のない人間だという自殺願望とも関係する『自己嫌悪に裏付けされた自己無価値観』にまで悪化していきやすいのである。

自殺願望を持っている患者は、治療者に対してわざと攻撃的な態度や挑発的な言動を取る『試し行為』をすることによって、『自分が本当にこの世に存在する価値のある人間なのかどうか』を繰り返し確認したい衝動を抑えられないことが多く、結果として悪感情の陰性転移を起こして治療者を困らせたり苦しませることも多い。

患者から憎悪・嫌悪・軽視といった『陰性転移』を受けた場合に、治療者の側にも患者のことを嫌いになったり煩わしく思ったりする『逆転移(counter-transference)』が生じることがある。そのため、希死念慮や陰性転移の強い患者の診療・カウンセリングに当たる場合には、治療者も『逆転移による拙速な間違った判断・治療の放棄(厄介な患者からの遠ざかり)』をしないように、自己分析とセルフコントロールに留意しなければならないだろう。

スポンサーリンク


posted by ESDV Words Labo at 16:57 | TrackBack(0) | き:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック