ウェブとブログの検索

カスタム検索





2015年12月20日

[思春期・青年期の“非社会的問題(不登校・ひきこもり)+反社会的問題(非行・逸脱)+パーソナリティー障害”]

思春期・青年期の“非社会的問題(不登校・ひきこもり)+反社会的問題(非行・逸脱)+パーソナリティー障害”

思春期・青年期に発生する現象面での不適応・問題行動の背後には、各種の精神疾患やパーソナリティー障害が隠れていることもあるので、精神科(心療内科)の専門医はそれらの精神疾患やパーソナリティー障害を見落とさないように鑑別していくことが求められる。

青年期精神医学の診断と治療のポイント2:発達圧力と子供・親・教師の相談体制

思春期・青年期の典型的な現象面における臨床類型(不適応・問題行動)は、大きく分ければ『不登校・ひきこもりの非社会的問題行動群』『非行・暴力・逸脱の反社会的問題行動群』とに分けることができる。

1970〜1980年代くらいまでは中学生・高校生の『校内暴力・家庭内暴力・暴走族への関与』などが社会問題として取り上げられる頻度が多く、『非行・暴力・逸脱の反社会的問題行動群』が警戒されていた。しかし、平成期に入ってからはむしろ、学校生活や社会生活、人間関係から傷つかないように遠ざかって関わらないようにしようとする『不登校・ひきこもりの非社会的問題行動群』のほうが目立つようになってきた。

近年は思春期・青年期の子供だけではなく、中年期・老年期の大人まで含めて『社会的ひきこもり』の状態にある人が、日本に数百万人〜1000万人以上の単位でいるとの推計も出されていて、就労拒絶的なニート問題と絡めて不登校・ひきこもりが話題になることも多い。

『不登校・ひきこもりの非社会的問題行動群』の直接的な原因として『いじめ被害』が上げられることも多いが、実際には特別ないじめや苦痛・困難がなくても、何となく学校に通ったり勉強したりする意欲・気力がなくなっていく『スチューデント・アパシー』のような心理状態に陥る若者も少なくない。

非社会的問題行動の多くは、『ストレス耐性(ストレス・トレランス)』や『ストレス対処(ストレス・コーピング)』の低さが原因になっているが、その中には過去に受けた強烈な恐怖・不安・ショックなどによるトラウマが関係していて、PTSDのような心身の症状や予期不安、フラッシュバックに悩まされている人もいる。自己愛や強迫性との関連も深いものがあり、自己愛性パーソナリティー障害や強迫性パーソナリティー障害、回避性パーソナリティー障害が背景にある可能性もある。

非行・いじめ・逸脱・暴力などに代表される反社会的問題行動の多くは、『ストレス耐性の低さ』『自尊心の傷つき(劣等コンプレックス)+目標意識の喪失(何を頑張ってやればいいかが分からない)+不良文化圏における自己顕示(仮想的・反動的な有能感)』が加わることによって起こりやすくなる。気分障害(うつ病)や統合失調症によって学校生活・人間関係に上手く適応できなくなり、その焦燥感・屈辱感・不安感などから暴力的な非行行為に逸脱してしまうケースもある。

反社会的問題行動には、良心・道徳観念が欠落した反社会的パーソナリティー障害や気分・情緒が不安定で強い衝動に襲われやすい境界性パーソナリティー障害が背景にある可能性もある。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 07:09 | TrackBack(0) | せ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック