ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年05月23日

[ミシェル・セールの『響きと怒り』とノイズの暴力論]

ミシェル・セールの『響きと怒り』とノイズの暴力論

フランスの哲学者ミシェル・セール(Michel Serres, 1930〜)は、科学的知識の獲得過程について研究した科学哲学者ガストン・バシュラール(Gaston Bachelard,1884-1962)に師事して、ブルバキ構造主義とライプニッツ哲学の影響を受けながら、『現代の百科全書派』と呼ばれる自己の哲学を確立した。

ミシェル・セールは数理哲学を研究して、情報科学分野でもノイズ論や認識論で功績を上げたが、今村仁司(いまむらひとし)によると『響きと怒り』の概念を元にした暴力論も論じているという。セールは『響きと怒り』を哲学の新しい対象として、渡り鳥・蚊・バッタ・遊牧民などの群れを集合体(アグレガ)と呼んだライプニッツ哲学をベースにして、集合体(アグレガ)の本質である『多様性・関係性』を巡る独自の哲学的考察を深めていったのである。

セールの響きと怒りをコンセプトとする暴力論は、集合体の唸りや叫びなど『聴覚』の刺激に基づいており、世界にある騒音と狂乱などの“ノイズ(雑音)”が、暴力の形成や発動の予兆にもなっているのである。本人の意志とは無関係に聴覚を激しく刺激するノイズ(車の騒音・集団の騒ぎ・選挙カーの絶叫・群衆の雑踏・電車の音・大勢の子供の大声・動物の吠え声など)は、確かに視点によっては『避けがたい暴力』にもなり得るだろう。生活音のノイズを巡る近隣トラブルが、殺傷沙汰の事件の原因になってしまうことも少なくないが、それはノイズがある種の暴力として非常に強い怒りや不快を引き起こす危険性を示唆している。

都会の集合住宅、隣家との距離の近い一軒家などでは、本来はノイズ(雑音)ではない音楽・ピアノの音・家族の談笑の声(子供の遊ぶ声)などまでもノイズとして聞こえやすくなっており、人間の精神を刺激したり神経を疲弊させたりしているのである。

モータリゼーションや都市化が進展した現代社会では、雑音や騒音はありふれたものであるけれど、『静謐な私的空間の要請(閑静な住宅街の価値)』は高まる一方である。人間は『私的空間』に侵入してくる他人の立てる雑音や騒音に非常に敏感な性質を持っているようである。一方で、電車・バス・街頭・ホール・学校などの『公共空間』における雑音や騒音に対しては、大多数の人は比較的寛容であり、自分の精神や気分を落ち着けたいと願う私的空間において静謐さが求められているのである。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 15:55 | TrackBack(0) | せ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック