ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年06月04日

[クロード・レヴィ=ストロースの文化人類学と主観主義(学者の解釈図式)の克服:2]

クロード・レヴィ=ストロースの文化人類学と主観主義(学者の解釈図式)の克服:2

文化人類学では社会共同体の『儀礼・イデオロギー』も研究対象にするが、儀礼やイデオロギーを研究する場合の問題として『主体と客体の混同』がある。

例えば、ある未開民族の儀礼・イデオロギーを観察して分析・解釈していくプロセスでは、どうしても『文化人類学者の主観的な解釈図式』がそこに介在することになり、『完全な客観主義・客体記述』は原理的に不可能なのではないかという見方も強くあるのである。

クロード・レヴィ=ストロースの文化人類学と未開社会の秩序・規則の解明:1

文化人類学の儀礼やイデオロギーの客体記述の困難さ(研究者・観察者の主観的な解釈図式の関与)というのは、哲学的な『他者理解の不完全性・不可能性』とも絡んでくるテーマであるが、この問題を解決するヒントは『研究者の外部からの解釈』『当事者の自発的な自己解釈』とのズレを認識してきちんと区別して事象の内容を双方向的に整理することだろう。

二つの異なる解釈のズレ・差異を無理やりに解消するのではなく、そのズレ(差異)を対話・討論の契機として活用することで、『より客観的な他者の理解・解釈』に辿り着けるかもしれない可能性が生まれるのである。文化人類学・民族誌(エスノグラフィー)をはじめとする『フィールドワーク(実地研究)』の研究手法の本質は、異文化の土地や人々を観察して事物・現象を採集することだけにあるのではなく、『内部的な要因(現地の当事者)』『外部的な要因(観察する学者・研究者)』を相互作用させて日常的な対話行為を継続することにあるのである。

日常的な対話行為の継続によって、当事者と観察者との間にある『主観主義のぶつかり合い(正当性の競い合い)』という文化人類学やフィールドワークの手法に潜む原理的問題を回避しやすくなり、より客観主義的な実質や偏り(バイアス)の小さな知識に近づける可能性が広がるということにもなる。

先進国の文明社会でも途上国の未開社会でも『儀礼のない社会』というのは存在しないが、儀礼とその他の社会的行動の相関関係、あるいは儀礼を生み出す社会共同体に共有されているイデオロギーなどの『儀礼の構造主義的な研究』というのは現在の文化人類学・社会学でも十分に進められているとは言えない状況である。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 18:57 | TrackBack(0) | れ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック