ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年06月07日

[バブーフ,サン=シモン,プルードンの思想哲学:ユートピア思想と共産主義]

バブーフ,サン=シモン,プルードンの思想哲学:ユートピア思想と共産主義

ユートピア思想の歴史では、16世紀のトマス・モアやカンパネラを経由して、18世紀の『最後の恋』のレチフ・ド・ラブルトンヌ、共産主義思想(私有財産廃止と完全平等の理想)の先駆けとなる『バブーフの陰謀』フランソワ・ノエル・バブーフ(Francois Noel Babeuf,1760-1797)へと接続していった。

トマス・モア『ユートピア』による理想的・宗教的な世界観:近代ユートピア思想の原点

バブーフの後には、土地・生産手段を公有化するアソシアシオン(協同体)建設の『空想的社会主義』で知られるフランソワ・マリー・シャルル・フーリエ(Francois Marie Charles Fourier、1772-1837)が出た。フーリエは『社会的・動物的・有機的・物質的な四運動の理論』を前提にして、社会運動において物理世界におけるニュートンの万有引力の法則に相当するという『情念引力の理論』を提唱したが、これらは科学的根拠や検証方法がないという意味でも空想的社会主義に該当する概念であった。

アンリ・ド・サン=シモン(Claude Henri de Rouvroy,Comte de Saint-Simon,1760-1825)も空想的社会主義の思想家に分類されているが、社会の重要な任務は富の生産活動の促進にあるとして、資本家・労働者の産業階級を貴族・僧侶より重視する産業資本主義のリアリズムの視点を導入するなど先見の明のある思想家でもあった。

産業資本主義の発展を見据えて『テクノクラート(技術官僚)の予言者』と呼ばれたサン=シモンは『50人の物理学者・科学者・技師・勤労者・船主・商人・職工の不慮の死は取り返しがつかないが、50人の王子・廷臣・大臣・高位の僧侶の空位は容易に満たすことができる』という貴族・僧侶を侮辱する発言をして、1819年に告訴されたりもしている。

ユートピア思想の系譜には、カール・マルクスの論敵であり、『無政府主義の父』と呼ばれたピエール・ジョセフ・プルードン(Pierre Joseph Proudhon,1809-1865)も名を連ねている。プルードンの代表作には『所有とは何か(1840年)』『人類における秩序の創造(1843年)』『貧困の哲学――経済的諸矛盾の体系(1846年)』の三部作がある。

『所有とは何か』には『財産それは盗奪である(所有とは盗みである)』という私的所有権を否定する有名なフレーズがあるが、これは私有財産に対する決定的かつ科学的な批判であるとしてマルクスから高く評価された。『貧困の哲学』では経済活動の矛盾・格差の中で生きる為には、階級を超えて社会成員が相互に協力する事が必要だという『相互主義』を打ち出したが、これは資本家と労働者(プロレタリアート)の階級闘争を否定する理論だったため、マルクスとエンゲルスに激しく批判されることにもなった。

プルードンが三部作を通して語った理想の政体は、搾取のない小所有者の協同社会であり、寡占的な産業封建制から国家統制的な産業独占制へと転換していく時代の流れにおいて『産業民主制』を打ち立てようと計画した。近代の工業社会と資本主義の市場成長メカニズムの多面的な矛盾を指摘しつつも、社会の理想主義的な進歩は可能であるとして、協同組合(アソシエーション)や無利子の交換銀行などの新たな交換手段で社会改良を促進しようとしたのである。

人間には社会を構成しようとする社会的動物としての本能である『ソシアビリテ』があるので、必然的に『共同体(私有しないコミュニティの共有感覚)』が生み出されるのだが、人間には自由・自立・利益を志向する能動性も備わっているので、自然に共同体の束縛・抑圧から脱却しようとする脱社会化の動きも現れてくる。

プルードンは人間は自分が自分であることの自己確証を得るために『所有の欲求』を持つようになるとするが、共有も所有も善を求めて悪の結果を生みやすいという類似した問題構造を持っている。『共有と所有の悪』が生み出される原因は、人間の社会的本能が意識化されていないということであり、人間の自主性・主体性が正しく『社会化(互助化・利他化)』されれば共有と所有の悪を心配する必要もなくなるとした。

スポンサーリンク


posted by ESDV Words Labo at 06:59 | TrackBack(0) | ゆ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。