ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年07月15日

[老年期における高齢者の性格傾向の特徴と変化:自己中心性の脱却と後続世代の指導・育成]

老年期における高齢者の性格傾向の特徴と変化:自己中心性の脱却と後続世代の指導・育成

老年期心理学において、老年期の一般的な性格特徴として上げられているものには以下のようなものがある。

1.保守性……新しいものを受け入れにくくなり変化を嫌う。現状維持や昔ながらのものを好む保守的な価値観が強くなる。

2.諦め(諦観)……今更、何を努力しても大きくは改善しないという諦め。もう自分は高齢だからダメだといった諦めの感覚が強くなる。

3.義理堅さ……恩義を受けたらそれを返さなければならない、良くしてもらった人には何かお礼がしたいという義理堅さが強まりやすい。

4.活動性・行動力の減退……何かしたくても活動性が高まらず、実際的な行動を起こしにくくなる。

5.不潔・不精……身の回りにあまりこだわらなくなり風呂・シャワーも好まなくなり、不潔になりがちとなる。身奇麗にしない不精が目立ち、身だしなみや服装を整えるのが億劫になる。

6.興味関心の低下……それまで好きだったものにも興味が起きにくくなる。何事にも新たな関心を抱きにくくなる。

7.不安・不平不満……日常生活や老後の人生に漠然とした不安を抱く。日常生活や対人関係における不平不満が増えやすい。

8.依存性……自立心や健康度が低下して、子供・孫などの頼れる人がいればその人に依存しやすくなる。

9.自己中心性……自分の思い通りに物事をやりたい(人に邪魔されたくない)という自己中心性が強まり、時に幼稚な行動や考え方をしてしまう。

10.親切さ・世話好き(おせっかい)……他人に対する親切さや優しさが目立つ。小さな子供が困っていたりすると積極的に世話を焼いて助けようとする。

11.疑惑・嫉妬……物事や人をあれこれ疑いやすくなったり、他人をやっかんで嫉妬しやすくなったりする。

12.ケチ・吝嗇(りんしょく)……金銭的・物質的にケチになって物惜しみするところが出てくる。昔から持っているがらくたやゴミを勿体無いといって捨てられないといったホーディングの吝嗇が見られることもある。

13.孤独感……子供が自立したり配偶者が病気・死去したりして孤独感が強まりやすい。同世代の友人知人にも亡くなる人が出てきて、それまでの会社のような安定した自分の居場所や役割もなくなるため、人によっては強い孤独感や疎外感に悩まされる。

14.短気……心身の機能が低下したり、思い通りにならない生活・出来事が増えたりして、短気で怒りっぽくなりやすい。老年期には今までできていたことができなくなるので、程度の差はあっても多くの人が不平不満を背景に持つ短気・怒りを抱えやすいのである。

15.頑固……物事に対して柔軟な態度を取ることができず、融通を効かせた判断や思いやりもできなくなりやすい。新しい物事や環境変化に上手く適応できずに、余計に頑固さ・偏屈さが強まってしまうこともある。

老年期の心身の機能の個人差:高齢者の獲得が期待される『叡智・配慮・受容』

高齢者一般に見られやすい性格特徴は主に『保守性・諦め・義理堅さ・活動性の減退』の4つである。それ以外の上記の性格特徴は『老年期になる以前から持っていたその人らしい性格特徴』が老化による自己抑制の低下や周囲の環境変化・人間関係の変化によって、より強められたものであることが多い。

老年期になって突然出てくる性格傾向というのは少なく、青年期・成人期・初老期など前段階における経験や出来事、受け取り方(認知)の積み重ねによって『その人らしい老年期の性格特徴』が段階的にかたちづくられていったのである。

社会的精神発達論を提唱したエリク・エリクソンは特に、『成人期後期の次世代の育成(generativity)の発達課題の達成度』『成人期における自己中心的な願望充足の行動パターンからの脱却(自分以外の他者のために働く役割規範の享受)』に注目して、これらが老年期の自己愛の調整や自己肯定・適度な諦観に役立つと考えていたようである。

成人期後期(壮年期)から老年期に至る性格傾向の変化の特徴としては、以下のような点を考えることができるだろう。

1.若い頃から持っている性格傾向が強められて先鋭化・過激化したもの(丁寧さが神経質に・のんきさが怠惰に・正義感が短気さになど)。

2.若い頃から持っている性格傾向が丸くなって調和化・適応化したもの(短気な人が丸くなって柔らかくなる・シャイな人が少し外向的になる・無責任な人が義理堅くなるなど)。

3.高齢者に共通してでやすい固有の性格傾向が新しく出てきたもの(保守的・不平不満が多い・猜疑心がある・自己中心的・おしゃべりででしゃばってくるなど)。

スポンサーリンク


posted by ESDV Words Labo at 04:51 | TrackBack(0) | ろ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。