ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年08月21日

[記述的診断と精神力動的診断1:クライエントの状態像(健康度・病態)を知るための方法論]

記述的診断と精神力動的診断1:クライエントの状態像(健康度・病態)を知るための方法論

精神医学的な診断方法は大きく分けて、『記述的診断』『精神力動的診断』の二つがある。記述的診断とは、身体疾患を診断・治療する身体医学を参照した『一般医学的な診断のフレームワーク』であり、観察可能な症状を中心にして患者の精神疾患を分類・診断していく。

エミール・クレペリンに始まる『記述精神医学』の診断方法でもある記述的診断は、まず患者が発症している観察可能な症状を特定する。その症状の原因が何であるのかの合理的な推測に基づく精神疾患の見立てをして、精神病理学(異常心理学)の精神疾患の分類に従った診断を行い、治療方針を決めていくのである。

記述的診断の基本は、クライエントの症状を詳しく正確に観察して記述すること、記述された症状を一定のルールや基準に従って分類することであり、『観察と記述・疾病分類』に依拠して診断を行っていく。

観察と記述という自然科学の方法論を用いながら、記述的診断では『クライエント本人(患者本人)の主観的な体験内容』『他者から見て客観的に確認できる症状や言動の異常』などを聴取していくことになる。クライエント本人にしか知り得ない主観的体験の内容としては『知覚・思考・感情・気分・自我意識の状態』などがあるが、それだけでは記述的診断の情報の材料として不十分である。

なぜなら、病識のない精神病(統合失調症)や正常な判断能力を維持できないアルコール依存症・薬物依存症、正常な人格構造や適応能力に大きな問題が生じる反社会性・自己愛性・境界性のパーソナリティー障害があるからで、正確なクライエントの状態像や精神疾患のプロセスを知るためには『本人以外の第三者(家族・教師・同僚・友人恋人など)』からも情報を入手する必要があるからである。

一般医学の診断方法に倣っている記述的診断の弱点は、精神疾患(精神障害)は身体疾患ほど原因が簡単には特定できず、時にいくら心理検査や調査的面接(精神疾患にまつわるエピソードを聴く診察)をしても原因を特定できないこともあるということである。『根本治療』で疾患の原因そのものを取り除くことが不可能なことも多く、マニュアル的に精神疾患の症状・原因を特定して治療方針を決定していく記述的診断が上手く機能しない症例もある。

精神力動的診断というのは、力動精神医学とも呼ばれるフロイトの『精神分析』を前提とした診断方法であり、患者の内面世界や心理機能(エス・自我・超自我の心的装置)について深く探求することで、精神疾患の症状・原因・経過も含めた『患者の心理状態の全人的理解』を目指そうとするものである。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 22:30 | TrackBack(0) | き:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック