ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年08月21日

[記述的診断と精神力動的診断2:力動精神医学(力動心理学)によるクライエントの内的世界の理解]

記述的診断と精神力動的診断2:力動精神医学(力動心理学)によるクライエントの内的世界の理解

精神分析と重なる分野の力動精神医学(力動心理学)では、クライエントの内的世界にある複数の心理機能(心的装置)の力が相互にせめぎ合っているという考え方を通して、現在のクライエントの精神病理や心理状態のプロセスを理解していくことになる。

精神力動的診断では、クライエント(患者)はマニュアル診断を受ける受動的な対象ではなく、『生物学的・心理的・社会的に統合されたホリスティック(全的)な存在』として定義されており、医師や心理臨床家(精神分析家)はクライエントの人生のプロセスや内面世界の力の葛藤をできるだけ共感的に理解しようと努めるのである。実際の精神医学の診察場面(面接場面)では、どちらか一方だけの診断方法が採用されるのではなく、記述的診断と精神力動的診断が組み合わされて適用されることが多い。

記述的診断と精神力動的診断1:クライエントの状態像(健康度・病態)を知るための方法論

精神疾患・精神障害の診断を実施する主体は精神科医であることが多く、心理臨床家(臨床心理士)は心理テストの結果を分析して参考情報を呈示するなどの補助的役割になることが多い。クライエント(患者)の内面世界や人生のプロセスを、その人の立場に立って全人的に理解しようとする精神力動的診断の手法は、臨床心理学の心理アセスメント(心理検査+調査的面接)とも重なり合う部分が大きいという特徴がある。

記述的診断では、クライエントの症状・生活・人間関係などについての客観的情報をできるだけ多く正確に集める必要があるが、その情報収集のプロセスで『本人以外の家族・学校の先生や友人・職場の上司や同僚・親しい友人知人や恋人』からも情報を得なければならない。

そのため、精神医学的な診断と治療の見立てを精神科医一人だけで行うのはかなり難しく、できるだけ正確な情報を集めて効果的な治療方針を立てるためには、『心理臨床家・看護師・教師・家族・ソーシャルワーカー・本人と親しい知人』などと連携・協力して(本人の守秘義務には配慮した上で)情報交換もしなければならない。

現在は、複数の職業領域の専門家が協力して精神疾患の診断・治療・ケア・支援に当たっていく『リエゾン精神医学』が中心になってきているが、一人だけの精神科医が多面的な診断を頑張って下すよりも、複数の専門家や関係者の力を借りて協働するほうが『診断の正確度』は上がるし、『クライエントに関する情報の質・量』も高まりやすい(本人と接している色々な人からの情報を入手できてバランス感覚も維持されやすい)のである。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 22:36 | TrackBack(0) | き:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック