ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年08月21日

[統合失調症の幻覚・幻聴と双極性障害の躁状態・うつ状態:周囲から精神科受診を勧められる症状・問題]

統合失調症の幻覚・幻聴と双極性障害の躁状態・うつ状態:周囲から精神科受診を勧められる症状・問題

精神医学の診断的面接では、ここまで書いてきたクライエント本人の希望によって自ら治療を求めて受診するケースだけではなくて、家族や上司、恋人・友人などがいつもと違う様子や異常な言動・生活状況に気づいて受診を勧めたり半ば強制したりするケースもある。周囲の人がクライエントの異常や問題に気づいて受診してくるケースで最も多いのは、本人の言語能力がなかったり低かったりする『乳幼児・児童・思春期前後の子供』である。

社交不安障害・強迫性障害・うつ病:精神科でクライエントが訴える主訴

青年期・成人期以降において『周囲の勧め・強制』で受診してくることが多い精神疾患としては、『統合失調症・双極性障害(躁うつ病)・てんかん・アルコール依存症・薬物依存症・各種のパーソナリティー障害・症状精神病・老年期の認知症』などがある。

統合失調症の可能性が疑われるクライエントでは、家族や友人が接近すると顔を背けたり自分を陥れようとしているという被害妄想を訴えたりする。誰かにいつも監視されているとか、盗聴器・隠しカメラが仕掛けられているとかいった被害妄想じみた訴えを、頻繁に家族や友人にすることで精神科・心療内科の受診を勧められて来るケースもある。自分のことを非難したりバカにしたり責めたりする声が聞こえるという『幻聴の訴え』を周囲の人にしていることも多い。

混乱や譫妄などが見られない意識が清明な状態で『幻聴・幻覚』があるケースでは、アルコール依存症(薬物依存症)よりも統合失調症の可能性が高いとされており、アルコール依存症(薬物依存症)では意識が混濁した譫妄状態で幻覚・幻聴が起こりやすいとされる。慢性化したアルコール依存症では、蜘蛛やネズミといった小動物の幻視が生じる『振戦妄想(しんせんもうそう)』が見られることもある。

双極性障害(躁うつ病)の『躁状態(manic disorder)』では、気分が異常にハイテンションになって興奮しており、多弁でしゃべり続けたり落ち着きなく周囲を歩き回ったりする行動が見られる。高揚・興奮と行動力の高まりによって『欲求・衝動性の制御』が困難になっており、車でスピード違反をしたり、急に異性関係に積極的になってナンパじみた行為をしたり、いきなり事業を始めるとか大きな勝負に出るとかいった話を始めたりすることもある。普段とはまったく違うハイテンションで落ち着きのない様子、深く考えずに衝動的な言動を繰り返す姿に驚いた家族や友人知人が、医療機関の受診を勧めやすい。

反対に双極性障害(躁うつ病)の『うつ状態(depression)』では、気分が塞ぎ込んで暗い雰囲気になり、家族や友人、恋人ともまったく口を聞かなくなったり笑顔を見せなくなったりする。うつ状態が重症化すると朝になっても起きることができず、一日中ベッドの上でゴロゴロするような状態になったり、ほとんど外出することができないほどに気分が落ち込んでひきこもり状態が長期化したりするので、いつもの元気や明るさを失った姿を見てきた家族や知人が医療機関の受診を勧めることが多くなってくる。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 22:42 | TrackBack(0) | せ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック