ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年09月19日

[精神医学の診断的面接はどのように行われるか2:クライエントの知的能力とライフサイクル]

精神医学の診断的面接はどのように行われるか2:クライエントの知的能力とライフサイクル

力動的精神医学の精神療法では、『自分の記憶・感情・体験』を振り返って再構築したり言語化したり解釈したりしていくだけの抽象的な思考力や言語的な運用力、比喩(メタファー)の理解力などが必要だからである。治療的に効果のある内面的・内省的な自己探求を心理面接(精神分析的な面接)で行っていくには、一定以上の言語的・知的な能力や情緒の豊かさ・意思の強さのようなものが求められてくるということでもある。

精神医学の診断的面接はどのように行われるか1:クライエントの心理的資質

精神疾患で最も言語的コミュニケーションに問題が発生しやすい統合失調症の診断的面接においてさえも、心理的資質(psychological mind)という概念に象徴される『患者(クライエント)の資質・能力・態度・意欲』は治療の見通しにとってかなり大きな影響力を持っている。

精神科の診断的面接では、DSM-5やDSM−W−TRを参照しながら心理社会的問題・ストレス状況・適応機能評価のGAF(Global Assessment of Functioning)をチェックしていく。クライエントが現在どのような適応状態にあるのか、最近どのようなストレス事態を経験しているか、対象喪失があれば喪の仕事(mourning work)はどのような感じで進んでいるかなどを、共感的な理解を示しながら聴き取っていく。そうすることによって、クライエントの発病状況や成育歴・生活歴の詳細が分かってくるし、発病状況とのストレスとの相関関係についても理解を深めていくことができる。

次にクライエントの『ライフサイクル(発達段階・発達課題)』について話を聴き、クライエントの現在の年代(発達段階)とその年代における発達課題の達成度合いを考えていく。クライエントが青年期の人であれば、『自己アイデンティティの確立』がどのくらい順調に進んでいるのか、あるいはアイデンティティ確立に失敗してアイデンティティが拡散してしまい自分がどんな存在か分からなくなっているのかなどを対話を通して理解を進めていく。

父母からの精神的自立や葛藤の解消、職業選択や経済的自立、異性選択や結婚・家庭生活、独身でのメンタルヘルスの維持や生きがい、中年期の危機や自己アイデンティティの再構築、老年期の心身の衰えの受容や記憶の統合・叡智の獲得など、クライエントのライフサイクルに応じたさまざまな発達課題があるが、それらの発達課題に対してクライエントがどのくらい達成できているのか、主観的にどのように受け止めて解釈しているのかなどを共感的に傾聴していく。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 19:07 | TrackBack(0) | せ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック