ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年09月19日

[精神医学におけるクライエント(患者)の多面的理解と治療方針の見立て:1]

精神医学におけるクライエント(患者)の多面的理解と治療方針の見立て:1

クライエントの自己理解を『乳幼児期から現時点までの生活歴・感情と記憶』を踏まえて、『連続的かつ内省的な経験の流れ』に位置づけていき、その流れ中のどこまでが健康(正常)であり、どの時点の辺りから精神病理が出てきたのかを評価していく。

正常な精神機能や心理状態が病態化してきた時期と原因を探っていくのだが、クライエントによっては老年期になるまでは自己評価と社会適応が非常に良かったのに、老年期になって自分をサポートしてくれた配偶者を亡くして対象喪失の悲哀感・孤独感から深刻なうつ病(気分障害)を発症してしまうような人も少なくない。

精神医学の診断的面接はどのように行われるか2:クライエントの知的能力とライフサイクル

次に、クライエント(患者)がどのような理由や経緯で、精神科を受診して心理面接を受けるようになったのか、精神科の面接・治療・カウンセリングにどのようなニーズや期待を持っているのかについてもそれとなく聴いていくようにすると、『治療の段階的な目標設定』がしやすくなる。

またクライエント(患者)の精神科医やカウンセラー(臨床心理士)に対するニーズや期待には、好意的な陽性転移にせよ敵対的な陰性転移にせよ『転移感情』が投影されやすくなるので、クライエントの幼少期や児童期の記憶と合わせて転移感情を分析する時の参考にすることもできる。

転移感情の現れ方の一つとしては、実際に精神科医・カウンセラーに会う前から『医師(カウンセラー)はこういった性格や対応をする人だろうといった先入観あるいは固定観念』がある。幼少期に親に愛情や関心を注がれて守られていたようなクライエントであれば、医師・カウンセラーは自分に対して共感的かつ同情的であり、優しく温かみを持って接してくれるだろうという『陽性転移の想像』を抱きやすい。

逆に親から虐待やネグレクトを受けていたことがあったり、愛情を与えてもらった記憶がなかったりするクライエントだと、医師・カウンセラーの気持ちや対応は自分に対して否定的・攻撃的(悪意的)であり、診察やカウンセリングの時に厳しい言葉をかけられたり自分の人生(言動)を批判されてしまうだろうといった『陰性転移の想像』が働きやすくなる。クライエントの転移感情を適切に理解することができれば、クライエントが今まで繰り返してきた『対象関係・対人関係のパターン』も理解することができるのである。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 19:10 | TrackBack(0) | せ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック