ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年09月19日

[精神医学におけるクライエント(患者)の多面的理解と治療方針の見立て:2]

精神医学におけるクライエント(患者)の多面的理解と治療方針の見立て:2

精神科医(カウンセラー)が患者(クライエント)に対して抱く強い感情である『逆転移』の中には、患者(クライエント)との治療的対話の相互作用と投影同一視によって生じた精神科医(カウンセラー)自身の強烈な感情・記憶・反応パターンが含まれている。

そして、精神科医(カウンセラー)が自分の逆転移を引き起こしたクライエントの言動を深く掘り下げて分析していくことによって、クライエントの内的な葛藤や過去のトラウマの影響、対象関係のパターンをより実際的なものとして共感的に理解することができるようになるのである。

精神医学におけるクライエント(患者)の多面的理解と治療方針の見立て:1

心理療法やカウンセリングにとって最も重要なのは『カウンセラー(心理臨床家)とクライエントの相性』であり、精神分析家・精神科医のM.ストーン(M.Stone)は心理療法の効果に最も大きな影響があるのは『カウンセラー・治療者が患者のことを気にいるかどうかである』と語っている。

更に、精神科医(カウンセラー)は患者(クライエント)の置かれている『現実の人間関係』を把握した上で、それに対するクライエントの適応や葛藤の状況を理解していかなければならない。家庭・学校・職場の人間関係がどのような状態になっているか、家族・友人・上司・同僚との間でどのようなサポートを受けられるか、あるいは反対にストレスや葛藤(悩み)が生じているのかを丁寧に聴き取っていく。

クライエントがそれぞれの生活領域において、誰からどのような援助や支援をどれくらいの頻度・強度で受けられるかということは、クライエントの今後の生活適応や心理状態の改善、治療効果の高低と見通しにも関わってくるからである。

カウンセリング的な要素のある心理面接では、クライエントの人生全体の記憶・感情の連続的な流れを整理しながら、それぞれの場面・相手・状況における『パーソナリティ(人格構造)の機能・水準・障害』について総合的かつ実際的な判断を下していくことが一つの大きな課題となっている。

このパーソナリティー構造の総合的評価というのは、一般に『力動的診断に基づく治療方針の選択』に用いられるのだが、その力動的診断のプロセスには必然的に『記述的診断による症状・問題のチェック』も含まれることになるだろう。この力動的診断と記述的診断のダイナミックな融合は、現代的な心理アセスメントとも共通する要素を多く持っている。

これらの診断的面接で集められるクライエントの情報や理解を整理すると『パーソナリティーの機能と水準・家族関係・生活環境・生活歴・文化や教養の水準・社会経済的問題』などであり、治療方針の見立てについて整理すると『治療方法・治療者・治療環境・治療の目的とメカニズム・治療構造の設定・心理療法(カウンセリング技法)の選択』などになってくる。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 19:13 | TrackBack(0) | せ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック