ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年11月16日

[自我の現実検討(reality testing)と内省・観察自我・直面化:2]

自我の現実検討(reality testing)と内省・観察自我・直面化:2

自我防衛機制に、自分の内面にある感情・思考を外部(他者)に投げかけてそれを現実と思い込む『投影(projection)』という防衛機制があるが、この投影によっても現実検討能力は低下することがある。すなわち、『自分の内的な情動・妄想・不安』を外部の世界・他者に投影することで、実際には現実ではないものを現実だとして思い込んでしまう(自分の持っている感情を相手が持っているように思い込んでしまう)というわけである。

自我の現実検討(reality testing)と外的・内的リアリティーの判断:1

現実検討の能力は、『内省・自己観察(観察自我)』を基盤とする自己表現や説明能力、関係・状況の理解力とも関係しているが、『自分が認めたくない現実やコンプレックス』に対して特に自己防衛的に現実検討能力が低下することがある。

例えば、自分がその相手から嫌われていたり軽蔑されていたりする現実は、往々にして否認や抑圧をされがちであり、お互いに現実検討能力を低下させて『お互いが嫌いな現実』を否認していたものが、ある時に限界を迎えて激しい行動化(暴力・暴言による問題解決)に至ってしまうこともある。

現実検討能力が低下したクライエントに対する心理療法(カウンセリング)では、『自分が認めたくない現実やコンプレックス』に向き合わせていくようなアプローチを取ることになるが、その代表的な手法として『直面化(confrontation)』『明確化(clarification)』があるのである。

直面化というのは、行動療法で恐怖を感じる対象に段階的に直面させていく『系統的脱感作』やいきなり強い不安・恐怖の状況に直面させる『曝露療法(エクスポージャー)のフラッディング』と同じく、認めたくない現実を直接・間接に示唆して認めさせていく技法である。

明確化というのは、内的リアリティーの現実検討を助ける技法であり、本人が自分自身でも気づくことができない感情や思考、態度、価値観などを『あなたはこういう風に感じている(考えている)のではないですか』といった形で本人に対して少しずつ知らせていくような技法である。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 20:03 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック