ウェブとブログの検索

カスタム検索





2016年12月05日

[自我の思考過程の障害と境界性パーソナリティー障害:1]

自我の思考過程の障害と境界性パーソナリティー障害:1

自我機能の代表的なものとして『思考過程(思考プロセス)』があり、思考過程の能力・発達はスイスの心理学者ジャン・ピアジェ(Jean Piaget, 1896-1980)『思考発達理論(認知発達理論)』とも関係している。

自我の思考過程(思考プロセス)とは『外部の知覚』『内的な感覚・記憶・観念・表象』を一定の意味や形態を持ったイメージ・思考(言語)に構成していく心的過程(心的プロセス)のことである。この思考過程を客観的現実と照合する機能が、自我の現実検討能力(現実吟味能力)である。

思考過程の正常性と異常性を診断する時には、知能検査(知能テスト)で知的能力がどの程度あるかを測定した上で、『概念化の能力・具体的思考(具象的思考)・抽象的思考』がどのくらいまで状況や問題に即応して働いているかを見ていくことになる。

現実適応した正常な思考過程(思考プロセス)は、『論理性』が保たれているという特徴もあり、非論理的な一貫性のない主張(独断的・妄想的な論理性のない主張)を繰り返したり、具体的根拠のない支離滅裂な言動が見られたりする場合には、精神疾患を発症しているリスクが高まる。

思考過程(思考プロセス)が障害される精神疾患としては、統合失調症や強迫性障害が代表的なものであるが、認知理論を前提とするアーロン・ベックらの認知療法では精神疾患の症状全般の多くが、『認知プロセス(思考プロセス)の障害』によって引き起こされるという前提を置いている。精神疾患だけではなく、妄想性・統合失調型・統合失調質・境界性・自己愛性・反社会性・強迫性などの各種パーソナリティー障害(各種人格障害)においても思考プロセスは混乱して障害されやすい。

特に境界性パーソナリティー障害には、『気分・感情の不安定性』『賞賛とこきおろしの両極端な対人評価の変化』『起りやすさ・激怒発作』『自己否定・自己嫌悪』『虚無感・無意味感』があり、気分・感情が激しく変化して動揺すると思考過程(思考プロセス)が混乱して『二分法思考(白か黒か思考)』に落ち込みやすいとされている。

境界性パーソナリティー障害や強迫性障害では、『状況・相手・必要に合わせた柔軟で現実的な思考プロセス』が働かなくなり、『非合理的な思考・感情的な興奮・儀式的な思考』に大きく思考プロセスが乱されてしまうのである。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 08:37 | TrackBack(0) | し:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック