ウェブとブログの検索

カスタム検索





2017年03月26日

[アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴1:語彙は豊富だが一方的]

アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴1:語彙は豊富だが一方的

アスペルガー障害の特徴として『社会性(対人関係)の障害』があるが、この障害によって、暗黙のルールやマナーとしてある社会常識が分からなかったり、前後の文脈(状況)を理解する能力が低かったりする。TPOに合わせる社会常識や他者の気持ちがよく分からないために、突然悪気もなく他人に失礼なことを言ってしまったり、相手の短所・コンプレックスに触れるような発言を遠慮なくしてしまうのである。

『その相手に言ってはいけないこと』や『その場で話すべきではない話題・質問』が分からないために、アスペルガー障害の人には『人を怒らせやすい・人に不快な思いをさせやすい』という対人トラブルを起こしやすいが、本人は相手がなぜ率直な疑問・意見を嫌がって怒るのか分からず逆に不満や理不尽さを感じてしまうことさえある。相手(他者)が自分の言動をどのように受け取って解釈しているのかということが想像できず、また初めから他者の思惑・感想に対する共感的な興味も薄いのである。

アスペルガー障害の特徴には『コミュニケーションの障害(状況に合わせた言語の用い方の障害)』もあるが、アスペルガー障害は『知的障害がないことの前提(自閉症スペクトラムでいう高機能群)』があるので、自閉症のような言語能力・言語発達そのものの著しい遅れ・障害があるわけではない。アスペルガー障害は言語発達に遅れがなくて言語能力も正常圏にあるのだが、他者との双方向的なコミュニケーションが苦手だったりトラブルを起こしやすかったりするのである。

アスペルガー障害は、言語能力の基盤にある『語彙・文法・知識』に関しては問題がないことが多いが、言語能力とコミュニケーション能力のギャップが大きいのである。正常とされる言語機能の発達過程では“2歳”までに『単語』を話し始め、“3歳”までに『二語文』を話すとされる。

しかしDSM-5の診断基準では、大人(児童期以上)になった段階で言語機能が正常だとしても、3歳以下の時に『言語発達の遅れ』があった場合には、アスペルガー障害ではなく高機能自閉症(知的障害のない自閉症)と診断されると決められている。アスペルガー障害の子供でも1〜2歳までは言語発達の遅れが見られることがあるが、一般に言語能力・知能水準は平均かそれ以上であり、『歩行よりも早く単語を話し始める・幼児なのに子供ことばではなく初めから大人のような口調で話す』といった特徴が見られることもある。

知的障害がないと前提されるアスペルガー障害は、語彙が多くて表現が論理的という意味で言語機能が人並み以上に優れていることが多く、他者に話しかけようとする積極的なコミュニケーション欲求が強いことも多い。しかし、『他者に自分の興味関心があることを話したい』という一方通行のコミュニケーション欲求であり、『他者が話している内容を聞こうとする姿勢・態度』がほとんど見られないので双方向的なコミュニケーションはあまり上手くいかないのである。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 22:32 | TrackBack(0) | あ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448414125
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック