ウェブとブログの検索

カスタム検索





2017年03月26日

[アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴2:自分の感情・感覚も自覚しづらい]

アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴2:自分の感情・感覚も自覚しづらい

アスペルガー障害の思春期以下の子供・未成年者には、自分から積極的に話しかけていこうとしてよくしゃべる人が多いが、『自分の興味関心があることだけをまくし立てるように話す+相手の話を聞こうとする姿勢がなく感情も推測しない+TPOや相手の表情・反応にほとんど注意を払わない』という特徴があるので、『双方向的な会話のキャッチボール』がなかなか成り立たないということになる。

アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴1:語彙は豊富だが一方的

アスペルガー障害の人も成長するに従って、他者との会話や人間関係の経験を積んで学ぶことができるので、少しずつ相手の話を聞けるようになり、表情・態度を見てから話すという『双方向的なコミュニケーション』もある程度はできるようになるが、自分の関心のある話題になると過度に熱中して、相手の反応をほとんど見ずに一方的に話し続けやすい傾向はある。

アスペルガー障害の一方的なコミュニケーションの原因としては、話したり書いたりのアウトプットの能力である『表出性言語能力』に対して、相手の言葉を聞き取って適切に理解する能力である『受容性言語能力』が低いということもある。受容性言語能力には、相手の話した言葉をしっかり聞いて意味を理解するという直接の能力だけではなく、状況や文脈を適切に理解するという高度な社会的認知の能力も含まれている。

アスペルガー障害の人は『心の理論』の障害によって、相手の気持ち(感情)や意図を適切に読み取ることができないとされるが、実際は『自分自身の気持ち・感情・感覚』についても正確に自覚して分類することができておらず、『単純な快・不快の大まかな区別』があるだけのような感じになっていることが多い。喜怒哀楽をはじめとする人間感情の複雑さや曖昧さを自分自身でも分類して感じ取ることができないのである。

そのため、怒りや悲しみ、つらさ、不安、寂しさなどを『不快な感覚』とだけ感じて、それが一定水準を超えて蓄積すると爆発してしまい『癇癪(かんしゃく=激怒発作)』を起こしやすい性格のように見えてしまうのである。精神的ストレスが身体症状として現れる『心身症』の原因として、自分自身の感情を自覚・認識することができずその感情を適切に言語化して表現することもできないという『アレキシサイミア(アレキシシミア,失感情言語症)』があるが、アスペルガー障害の人はある意味ではこのアレキシサイミアに近い心理状態にあることが多いと言える。

アスペルガー障害の人は自分自身の感情・気分・感覚に対して無自覚であると同時に無頓着であり、自分のつらくてイライラしている気持ちや不快な感覚を言葉にして上手く表現すること(他者に伝えること)も非常に苦手なので、ますますストレスや不平不満を溜め込んで休息も取れないままに、『心身症・精神疾患(うつ病)・ヒステリー』などを発症しやすくなってしまうのである。

精神的ストレスとなる不満・不安・緊張に対しても自覚することが難しく、自分の体の筋肉の緊張感や呼吸の乱れ、心臓の動悸、気分の悪さにも気づきにくい(更に自分の感情・感覚・症状について他者に上手く話して説明することも苦手な)ので、メンタルヘルスを壊しやすいリスクを初めから背負い込んでいるような所がある。

アスペルガー障害の人はアレキシサイミア(失感情言語症)にも似た自分の感情・感覚・気持ちに対する無自覚と言語化の困難によって、興奮と鎮静を調整している自律神経系のバランスが崩れやすく、興味のあることやこだわりのあることから刺激を受けると過剰に興奮して取り乱してしまいやすい(セルフコントロールを失って大声を出したりはしゃぎ過ぎたりする)のである。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 22:36 | TrackBack(0) | あ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448414196
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック