ウェブとブログの検索

カスタム検索





2017年03月26日

[アスペルガー障害の知的能力の偏り:セントラル・コヒーレンス仮説(中枢性統合仮説)]

アスペルガー障害の知的能力の偏り:セントラル・コヒーレンス仮説(中枢性統合仮説)

アスペルガー障害の人は知的能力(言語能力・計算能力・空間認識能力)が高かったり、特定の専門分野についての知識・情報が異常に多かったりすることはあるが、TPOに合わせた常識的な振る舞い方や日常的な雑談・対応のような誰でも簡単にできるようなことが苦手になりやすい傾向がある。高機能自閉症では具体的な事物・名前の記憶能力や視覚的・空間的な再現能力が優れていることが多いが、『抽象的な思考・一般化の能力』が低いことがある。

アスペルガー障害の『社会性の障害』とコミュニケーションの特徴2:自分の感情・感覚も自覚しづらい

アスペルガー障害も高機能自閉症に類似した能力の偏りが見られることはあるが、『抽象的な思考・一般化の能力』が特別に劣っていないケースも多い。ただ『客観的な知識・情報』『主観的な意見・感想』とを織り交ぜて書くような文系学部に多い論文・レポートが苦手なことは多い。

『具体的な事物・客観的な知識を記憶して再現すること』は得意なのだが、『あるテーマや問題に対して自分がどう感じてどのように考えているのか』という感情・状況認識を含めた自己主張が苦手になりやすいのである。アスペルガー障害では記憶・言語・計算・空間認識などの個別の知的能力は平均以上の高さを示すこともあるが、それらの能力を総合して特定の問題解決に応用したり自分の主張・価値観を導くといった『知性の統合能力』に混乱や障害を抱えていることが多いのである。

物事の細部にこだわって優れた記憶力を持っているが(狭いジャンルに極端に強い関心を持ってすべてを記憶しようとするが)、全体を見渡して判断したり主張したり意思疎通したりする『知性の統合能力』が弱いというのが、自閉症とも共通するところのあるアスペルガー障害の特徴になっている。

自閉症スペクトラムの根本的な障害を現すための仮説として、『セントラル・コヒーレンス仮説(中枢性統合仮説)』というものがあるが、これも枝葉末節な『部分』ばかりに意識が集中して、本質的な『全体』を見渡して知覚や判断をすることができないという仮説である。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 22:45 | TrackBack(0) | あ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448414402
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック