ウェブとブログの検索

カスタム検索





2017年04月04日

[アスペルガー障害の『こだわり行動』と『興味関心の狭さ』1:特定の行動パターンへの固執性]

アスペルガー障害の『こだわり行動』と『興味関心の狭さ』1:特定の行動パターンへの固執性

自閉症スペクトラムの特徴である『こだわり行動(特定の行動パターンへの固執性)』『興味関心の狭さ』は、アスペルガー障害にも共通している。同じ状態や同じ行動パターンを何度も繰り返すというような固執性が見られたり、特定の対象・分野・記憶への非常に強い偏った興味関心が現れたりする。

ADHD(注意欠如・多動性障害)では集中力が続かずに、注意が切り替わりやすいという『注意の転導性』が問題になるが、アスペルガー障害では逆に注意の転導性が低いために(注意の転導性の低さの原因には遺伝要因が関与していると推測される)、一つの行動や対象に囚われやすくなっていて注意を適切に切り替えることができないのである。

特定の行動パターンの固執性(こだわり行動)は、いつも同じように行動する(反復行動をする)とか決まった方法(やり方)を絶対に変えないとかいった形で現れるが、そういった固執性のある行動パターンを維持することには『ストレス緩和・精神状態の安定』といった効果があることが多い。そのため、無理やりにいつも繰り返している行動パターンをやめさせようとすると、強い緊張感・不安感が生まれてストレスになったり、適切に対処できずにパニック・攻撃行動になってしまうことがある。

アスペルガー障害も自閉症スペクトラムを構成する一部であるから、自閉症スペクトラムの重症度が高くなると、自閉症の症状に近い『常同行動』が見られることもあるが、常同行動も『特定の行動パターンの固執性(こだわり行動)』が極端になったものと解釈できる。『こだわり行動』『興味関心の狭さ』として生起するアスペルガー障害の症状をまとめると以下のようになる。

1.同じ行動を反復して、いつも同じパターンを繰り返すことを求める。

2.変化に上手く適応できずに、いつもと違う行動をするとパニックになりやすい。

3.特定分野の記憶力が優れていることがある。

4.物事を順序正しく並べたり、分類整理したりすることが好きである。

5.狭い分野や特定の対象に対して極端に強い興味を持つ。

6.人間・気持ちよりもモノ自体に対する非常に強い興味を示す。

自閉症スペクトラムで重症度が高くなると、こだわり行動が常同行動へと変質しやすくなるが、自閉症に特有の『常同行動』とは『単純な動作を飽きることなくいつまでも繰り返すような行動』のことである。例えば、手や足を自分で叩く、体をくるくる回転させる、手のひらをひらひらとする、体を前後に揺する、飛び跳ね続けるなどが常同行動として見られる事がある。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 03:07 | TrackBack(0) | あ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448707649
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック