ウェブとブログの検索

カスタム検索





2017年08月23日

[結婚の一般的なメリットとデメリット]

結婚の一般的なメリットとデメリット

結婚が一定の年齢でみんながするという『義務的な結婚』であれば『結婚のメリット・デメリット』を深刻に考える必要はあまりなかったのですが、現代の未婚化・晩婚化の社会では、結婚は自分が本当にしたい(してもよい)と思った相手としたほうがいいという『選択的な結婚』になっているので、余計に『結婚のメリット・デメリット』を考えすぎて躊躇してしまう人が増えたのです。

現代日本ではなぜ非婚化(未婚化)・少子化が進むのか?:義務から選択に変わった結婚と格差拡大

一般的な『結婚のメリット』としては、以下のようなものがあると考えることができます。必ずこれらの結婚のメリットを得られるわけではないですが、夫婦がお互いに努力して経済的に破綻せず、性格や生き方の相性も良ければ得やすいものではあります。

結婚するのが当たり前というマジョリティ(多数派)寄りの価値観に添える。

好きな人や惚れた相手がいて、この先もずっと一緒にいたい。

精神的な安らぎを得られる相手や場が欲しい。

子供が欲しい、自分の家族を持ちたい。

長期的に助け合える人生のパートナーが欲しい。

社会的地位を得て世間体が立つようにしたい。

(特に女性側が)今の仕事を辞めたい、フルタイムの長時間労働の仕事はしたくない。

経済的に安定したい。

社会的に認められるセックスの相手が欲しい。

幸せになりたい。

幸せな家族を作って、自分が満足して人に羨ましく思われたい。

一般的な『結婚のデメリット』としては、以下のようなものがあると考えることができます。

(特に男性側が)今の仕事を辞められなくなる、フルタイムの長時間の仕事を定年までしなくてはならない。

(特に女性側が)今の仕事を辞めなければならない、今までの職業キャリアを失う恐れがある。

家事育児・介護などの義務が生じたり、家族間の相互扶助の責任が重たくなる。

他の人との恋愛ができなくなる。嫌いになっても多少のことでは別れにくい。

(実家を出て結婚生活をする場合・子供が産まれた場合には)経済的な負担が増える、『自分のお金』という概念でお金を自由に使えなくなる。

時間的な自由が効かなくなる、家族のために拘束される時間が増える。

親戚づきあいが増える。

(子供が小さいと)子育てに一日の大部分を縛られる。

一旦スタートさせた結婚や育児は原則として途中で辞めることができない、義務や責任は一般に重たくなる。

結婚は愛情や覚悟に基づいてすべきもので、メリットとデメリットで考えてはいけないといった倫理的な意見も多くありますが、『好きな人とずっと一緒にいたい・好きな人を他の人に取られたくない・子供を作って家族で幸せに暮らせるように頑張りたい・一緒にいると気持ちが安らいで幸せになる』なども広義のメリットではあります。

人間はメリットとデメリット(コスト)を比べてメリットのほうが大きいと感じられる時に結婚をするという事実はあるわけで、結婚しても何もプラスになる良いことや楽しいこと、頑張れる要因がなくてデメリット(コスト)ばかりに感じられるなら、その人は結婚をしないと考えられます。結婚や愛情(無償の愛)、家族は崇高・神聖・霊的なもので損得感情のメリットやコストで推し量ることはできないという主張もありますが、そういった結婚をして愛し合い助け合えば崇高で神聖・霊的なものを得ることができるというのも、また広義の結婚のメリットになってきます。

関連URL

結婚意識調査からの考察:男女が結婚相手に望む条件とミスマッチの問題

現代の未婚化晩婚化と“愛・自由”

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 09:15| け:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする