ウェブとブログの検索

カスタム検索





2017年10月12日

[R.ノートンの『夫婦関係満足尺度(QMI:Quality Marriage Index)』]

R.ノートンの『夫婦関係満足尺度(QMI:Quality Marriage Index)』

家族関係の中でも特に『夫婦関係の満足度』について、本人に回答してもらうシンプルな心理測定尺度(心理テスト)がある。

R.ノートンが開発した一次元(夫婦関係の全体性)だけを測定する『夫婦関係満足尺度(QMI:Quality Marriage Index)』である。この心理テストは『夫婦関係全体の良さ(goodness of the relationship)』を反映する項目だけに限定して作成されているため、質問項目そのものが少ないという特徴がある。

『夫婦関係満足尺度(QMI:Quality Marriage Index)』の採点方法も、6つの質問項目を単純に合計して『夫婦関係満足得点』としているが、シンプルな質問項目であるため、実際の夫婦関係満足度の実感と一致する部分が多い。

夫婦関係満足尺度(QMI:Quality Marriage Index)

あなたとご主人(奥様)の関係についての質問です。以下に、日常生活におけるご主人(奥様)との関係について、あなたが持つかもしれない気持ち・態度を記していますので、あなたの日常生活・夫婦関係での実感にどれくらい当てはまるかを答えて下さい。

『1.ほとんど当てはまらない、2.どちらかといえば当てはまらない、3.どちらかといえば当てはまる、4.かなり当てはまるの4件法』で答える。

1.私たちは、申し分のない結婚生活を送っている。

2.私と夫(妻)の関係は、非常に安定している。

3.私たちの夫婦関係は、強固である。

4.夫(妻)との関係によって、私は幸福である。

5.私は、まるで自分と夫(妻)が同じチームの一員のようであると、本当に感じている。

6.私は、夫婦関係のあらゆるものを思い浮かべると幸福だと思う。

スポンサーリンク
posted by ESDV Words Labo at 03:18| ふ:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。