ウェブとブログの検索

カスタム検索





2017年07月10日

[内的作業モデルと愛着理論から考える人間関係2:『安定・回避・アンビバレント』に分類する内的作業モデル尺度]

内的作業モデルと愛着理論から考える人間関係2:『安定・回避・アンビバレント』に分類する内的作業モデル尺度

愛着理論(attachnment theory)では、愛着対象(他者)との間で愛着の成立・喪失に関係したさまざまな出来事を経験することによって、個人の内面に『人間関係の定型的パターン』が表象化されていくことになる。その結果、『愛着対象の有効性・信頼性についての確信(相手がどれくらい信じられるか)』『自己についての確信(自分がどれくらい信じられるか)』が形成されることになる。

内的作業モデルと愛着理論から考える人間関係1:幼少期の好ましい愛着形成が安全感をつくる

更に掘り下げて言えば、『愛着対象の有効性・信頼性についての確信』とは、結びついている愛着対象が自分の要求に対してどのくらい前向きに応答してくれる存在であるかということの確信である。『自己についての確信』は他者についての確信を補完するものであり、自分自身が愛着対象(親しいと思っている他者)からの援助や支持に値するだけの価値ある存在であるかということの確信である。

この『他者・自己についての確信(内面にある心的表象)』は、その後の対人関係における愛着関係の出来事に影響を受けながら、一般的な対人関係での行動パターンを間接的に規定していくことになるが、これを『内的作業モデル』と定義しているのである。愛着関係の中で示される個人に特有の対人関係の行動パターンを『愛着スタイル』というが、この愛着スタイルにも内的作業モデルが影響を及ぼしている。

戸田弘二は愛着理論(乳幼児期の愛着パターン)を参考にして内的作業モデルを『安定・回避・アンビバレント(両価的)』の三次元に分類してから、その内的作業モデルの特徴の個人差を測定する心理測定尺度『内的作業モデル尺度(1988)』を作成している。『内的作業モデル尺度』で測定された個人差は、ストレスや自己統制、パーソナリティー特性、死の恐怖感などとも相関する可能性が指摘されている。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 10:49 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[内的作業モデルと愛着理論から考える人間関係1:幼少期の好ましい愛着形成が安全感をつくる]

内的作業モデルと愛着理論から考える人間関係1:幼少期の好ましい愛着形成が安全感をつくる

アブラハム・マズローの欲求階層説では、『生理的欲求(食欲・睡眠欲)』の次の段階として『安全・安心の欲求』が置かれている。安全感を得たいという欲求は人間の最も基本的な欲求の一つであり、よく知らない未知の対象(他者)との間で相互作用を行うためには、『一定の安全感の保証』がなければならないが、この安全感は遺伝要因や幼少期の愛着形成の経験による『個人差』が大きい。

よく知らない他者とコミュニケーションしても、この『安全感』が低下せずに比較的安定している人もいれば、すぐに安全感が障害されて不安・混乱・逃避を来たしてしまうような人もいる。この安心感・安全感にまつわる個人差は、その人が自分と他者との関係性をどのような意味や影響を持つものとして捉えているかによって規定されてくるところがある。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 10:46 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

[中村弘道(なかむらひろみち)]

中村弘道(なかむらひろみち)

心理学者の中村弘道(Nakamura Hiromichi, 1900-1988)は、澤田慶輔(さわだけいすけ)らと共に、昭和初期の日本のカウンセリング心理学を主導した先駆者である。明治33年に熊本県に生まれた中村弘道は、熊本の旧制五高を経て創設されたばかりの東京帝国大学の心理学科に進学して、基礎心理学とカウンセリング心理学を学んだ。

東京帝国大学を卒業した後には、旧制の浪速高校・一高・東京高校で教職に就いて教鞭を取っていたが、旧制高校の教授職を歴任した後に東京帝大の教授に就任した。中村弘道は、精神医学や神経科学を基盤にして患者の精神疾患を治療しようとする『精神療法(サイコセラピー)』とカウンセリング心理学や人間関係を基盤にしてクライアントの心理的問題の解決を支援したり人間的成長を促進したりする『カウンセリング』を区別すべきだと主張した。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 17:45 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

[ナルコレプシー(narcolepsy, 眠り発作)]

ナルコレプシー(narcolepsy, 眠り発作)

ナルコレプシー(narcolepsy)は眠り発作を伴う過眠症(睡眠障害の一種)であり、日中に何度も強い眠気に襲われて起きていることが出来なくなるという特徴がある。ナルコレプシーは思春期・青年期に好発する疾患であり、14〜16歳くらいの時期に一番発症しやすいとされている。昼間の過剰な眠気によって居眠りをしてしまうので、学業・仕事に支障がでることも多く、『車の運転・機械の操作』で事故を起こさないように十分な注意が必要である。

日中に繰り返し起こる眠気(睡魔)は非常に強いものであり、『場所・状況・意志』とは関係なく眠気が発生し、自分の意志ではその眠気に抵抗することが殆ど不可能である。医学的な診断・治療の機会を得ることができないまま、単なる『居眠り・睡眠不足』として見過ごされてしまうケースも多いが、自分の意志や睡眠確保では眠気を取ることができないので居眠りとは明らかに異なる病態である。

ナルコレプシーの代表的な症状は、以下の4つにまとめることができる。ナルコレプシーでは睡眠発作は必ず発生するが、情動脱力発作(カタプレキシー)が起こらない患者もいる。

1.睡眠発作……日中に頻繁に強い眠気に襲われて、その眠気に抵抗できずに眠り込んでしまう。

2.情動脱力発作(カタプレキシー)……喜怒哀楽の強い情動や驚きを感じた時に、筋肉に力が入らなくなり脱力してしまう。脱力して立ち上がれなくなったり転倒したりすることもあれば、呂律が回らなくなって上手く喋れなくなることもある。

3.入眠時幻覚……入眠時にノンレム睡眠ではなくいきなりレム睡眠に入ってしまうので、現実との区別がつきにくい幻覚・悪夢を見ることが多くなる。

4.睡眠麻痺……意識は覚醒しているのに身体が動かないという『金縛り』のような状況を経験することがある。レム睡眠の状態で目が覚めている状態であり、意識は覚醒しているが身体が眠っている状態なので、自分で自分の筋肉を動かすことができないのである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 07:35 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

[マイクロカウンセリングの内的統制型のパーソナリティ(intrinsic personality)]

マイクロカウンセリングの内的統制型のパーソナリティ(intrinsic personality)

アレン・E・アイビィ(A.E.Ivey)が開発した体系的なマイクロカウンセリングでは、クライアントの主訴(悩み)に対応した実践的な支援が重視されるが、その目的は『実際の問題解決・心理状態の改善』『精神発達水準の向上』である。クライアントが現在の時点で直面している問題・悩みを支援して解決しても、精神発達水準がある程度高まらないと根本的な問題解決に至らないことも多い。

アイビィのマイクロカウンセリングでは、外的統制型のパーソナリティを発達水準の低い人格構造だと定義しているが、それは『外部的な要因』によって感情・気分・自己認知が左右される外的統制型は、人格(精神状態)の安定性が低いからである。自分自身の能力・意欲・感情の原因を『自分の外部にある要因』に求める傾向が強いので、自分の判断や行動に対してセルフ・エフィカシー(自己効力感)を抱くことが難しく、責任のある行動がしにくいのである。

『外的統制型のパーソナリティ(extrinsic personality)』は状況判断の基準や感情・気分の原因を『外部的な要因』に求めることで、自己否定的な認知や将来の悲観に陥りやすくなり、自分で自分の感情ややる気をコントロールできるというセルフ・エフィカシーを高めることが難しいのである。外的統制型の問題点は、自分の意志で自分の感情・意欲をコントロールできるという実感が持ちにくく、外部の報酬や応援がないと『積極的で効果的な行動』を自発的に起こすことができないということである。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 07:31 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[心理テストの内容的妥当性(content validity)・クライアントの現実と専門的見解のズレ]

心理テストの内容的妥当性(content validity)・クライアントの現実と専門的見解のズレ

クライアントの心理状態や精神病理、生活状況を正確に理解して、適切なカウンセリング技法(介入方法)を選択するために『心理アセスメント』が実施される。心理アセスメントの代表的な手段が『心理テスト(心理測定尺度)』であるが、精神医療・心理臨床において心理アセスメントを実施する目的は以下の6点にまとめることができる。

1.クライアントの現在の『性格傾向・心理状態・精神病理・知的水準』の理解。

2.クライアントの過去の『家族歴・家族関係・生活歴・トラウマ体験』の把握。

3.クライアントの現在と過去の情報を総合した上での、適切なカウンセリング技法や援助方法の選択。

4.臨床心理学的・精神医学的な『援助プラン』の計画立案。

5.カウンセリングや精神医療の効果測定と援助プランの再検討。

6.心理テストそのものが持つ『認知の転換・気づきの促進』といった心理効果。

心理テストの評価尺度が科学的・統計的な有効性を持つか否かは、『妥当性(validity)・信頼性(reliability)・効率性(efficiency)』の基準によって判定され、妥当性と信頼性が確認された心理テストは『標準化(standardization)』されることで一般利用可能な心理テストとしての完成度が高まる。

『妥当性(validity)』とは心理テストを用いて測定(調査)しようとしている内容をきちんと測定できているかどうかの基準であり、『信頼性(reliability)』とは同じテストを同じ被検者に対して実施した時に安定した結果がでるかどうかの基準であるが、妥当性が高ければ必然的に信頼性も高くなるという相関関係が見られる。妥当性の大きさは0〜1の実数値を取る『妥当性係数』で表現されるが、妥当性は心理テスト(評価尺度)が正しく測定しようとしている対象を評価できているかという『真理性』を意味する最も重要な指標になっている。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 07:28 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

[難聴と伝音性難聴(conduction deafness)]

難聴と伝音性難聴(conduction deafness)

言語障害・聴覚障害とその治療に関連する項目として、[言語聴覚士・言語療法士(ST)の言語聴覚療法]を書いたが、聴覚障害の典型的なものとして『難聴(deafness)』がある。『難聴』というのは聴覚機能が低下して、人の話し声や物音が聞こえにくくなるという症状だが、難聴の主要な原因には『老化・耳鼻科系の疾患・精神的ストレス・先天的な器質的障害』などがある。

難聴には生まれつき耳が聞こえにくい先天的・生得的な聴覚障害もあれば、後天的な怪我・病気・ストレスによって耳が聞こえにくくなる後天的・環境的な聴覚障害もあり、騒音公害や騒音のある労働環境によって難聴が発生することもある。大音量のクラブハウスやヘッドフォンで音楽を長く聴いているなどの生活環境が原因で、耳が聞こえにくくなる難聴を『音響難聴』と呼ぶ。耳鳴りやめまい、ふらつきが生じるメニエール病によって難聴の症状が発生することもあり、他の耳鼻科系の疾患との重複に留意しなければならない。

難聴の科学的・数量的な基準は、健常者の平均値と比較して聴力が『30dB以上低下している状態』のことを難聴と定義しており、『100dB以上の大きな音』が聞こえない状態を『聾(ろう)』としている。耳が殆ど聞こえない聾は、特殊学級教育や障害者福祉の対象となるが、難聴は『耳が遠い状態』であり相手に大きな声を出してもらったり注意深く聴き取ろうとすれば、何とか周囲の音声を知覚することができる。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 20:13 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

[ナチス・ドイツによる政権掌握と第二次世界大戦での敗戦]

ナチス・ドイツによる政権掌握と第二次世界大戦での敗戦

1933年1月30日に、アドルフ・ヒトラー(1889-1945)は首相に就任して、同年3月に『全権委任法(授権法)』を議会で成立させて、ワイマール憲法に違背する法律でも制定できるようにして立憲政治を停止させた。政権を掌握したナチスは1933年に共産党・社会民主党を弾圧して、政党政治や普通選挙を機能麻痺させることに成功し、ドイツ第三帝国における『一党独裁体制』の基盤を確立した。暴力による威圧や脅迫によって反対勢力を制圧していったナチスの『突撃隊(SA)』であるが、1933年〜1934年に突撃隊のレームらが国防軍と対立する『レーム事件』が起こった。

ヒトラーは1934年6月30日にレームら突撃隊幹部を粛清して、ナチスの統制から外れた『突撃隊(SA)』を解散させた。ヒトラーは『突撃隊(SA)』に変わって、『親衛隊(SS)』や秘密国家警察の『ゲシュタポ』を暴力的な実働部隊として縦横に活用するようになった。1934年8月2日にはヒンデンブルク大統領が死去して、ヒトラーは国家元首と首相の役割を兼任する絶対権力者の『総統(フューラー)』として、第三帝国に君臨することになった。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 17:09 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ワイマール共和国の崩壊とナチズムの台頭:2]

ワイマール共和国の崩壊とナチズムの台頭:2

この記事は、[ワイマール共和国の崩壊とナチズムの台頭:1]の続きになります。1923年1月にフランス・ベルギー両国は、賠償金の支払いが滞っているドイツに対して軍隊を派遣し、ドイツの重工業地帯ルールを占領した。ルール占領に対してドイツの右派は『受動的抵抗・ゲリラ攻撃』で対抗したが、穏健派のシュトレーゼマンが右派の暴力的抵抗を抑制したために、ドイツ国内における強硬派と穏健派の内部対立の溝が深まった。

この政治的混乱に乗じて1923年11月にヒトラーが『ミュンヘン一揆』を起こす。国民革命のクーデターによるワイマール共和国の転覆を計画したヒトラーのミュンヘン一揆は鎮圧されるが、逮捕されたヒトラーは『強行なクーデター路線』から『合法的な議会主義路線』へと政権獲得のための手段を転換することになる。

ワイマール体制下のドイツは、1926年にフランスの同意を得て国際連盟に加盟して、常任理事国となり、1928年8月にはフランス外相ブリアンとアメリカ国務長官ケロッグとの間で国際的な不戦条約である『ケロッグ=ブリアン条約』がパリで締結された。1929年には1924年の『ドーズ案』に続く、ヴェルサイユ体制におけるドイツの国家賠償に関する『ヤング案』が成立して、ドイツの戦後復興と国家賠償は順調に進んでいるように見えた。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 15:34 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

[ワイマール共和国の崩壊とナチズムの台頭:1]

ワイマール共和国の崩壊とナチズムの台頭:1

アドルフ・ヒトラー率いるナチス党は、当時、最も民主的・自由主義的な共和国と評価された『ワイマール共和国』を否定する形で台頭した。ワイマール共和国は1918年11月の『ドイツ革命(ドイツ11月革命)』を契機として、社会民主党を中心に成立した共和国である。

ロシア革命の影響を受けたドイツ革命(11月革命)が勃発したことで、ドイツは一時的にカール・リープクネヒトローザ・ルクセンブルクが率いるスパルタクス団などによって社会主義化の気運が高まる。しかし、急進的な社会主義革命を嫌った社会民主党が、保守派の義勇兵を用いて社会主義運動を鎮圧したことで、民主主義・議会政治・資本主義(市場経済)で運営される『ワイマール共和国』が1919年に成立した。

ワイマール共和国は、当時最も先進的で民主的と言われた『ワイマール憲法(1919年8月11日に公布・8月14日に施行)』を備えており、20歳以上の男女による『普通選挙・大統領選挙』や国民に最低限度の生活と生存を保障する『社会権』を規定していた。任期7年のワイマール共和国の大統領は、国民の直接選挙で選出され『軍事統帥権・閣僚任免権・議会解散権』などの強い権限を持っていたが、第一次世界大戦の敗戦よる混乱と貧窮、インフレによって統治基盤・社会情勢はかなり不安定であった。

ワイマール共和国は『3つの期間』に分類されるが、ワイマール共和国で大統領に就任したのはフリードリヒ・エーベルト(1871-1925)ヒンデンブルグ(1847-1934)の二人だけであり、1934年に形式的な大統領の地位に置かれていたヒンデンブルグが死去したことによって、ナチスのアドルフ・ヒトラー総統がドイツの全権を完全に掌握することになった。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 08:36 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ドイツのナチズムとアドルフ・ヒトラーの思想]

ドイツのナチズムとアドルフ・ヒトラーの思想

アドルフ・ヒトラー(1889-1945)が率いるナチス党が、ドイツ大衆を主導して侵略的な総動員体制を準備した政治体制・思想体系を『ナチズム』という。ナチス党が政権を掌握して国民を厳しく統制したナチズムは、近代の代表的なファシズム(全体主義)であり、ドイツ第三帝国における『アーリア人(ゲルマン人)至上主義』というナショナリズムの基盤に基づいて先鋭化したイデオロギーである。ナチス党の正式名称は『国家社会主義ドイツ労働者党』であるが、ナチスは左翼的な共産主義(社会主義)を弾圧して、ゲルマン民族の優秀性を世界大戦で実証しようとする民族社会主義(ナショナリズム)を唱導した。

ヨーロッパ世界の覇権を目指す総動員体制を敷いたナチス・ドイツの政権は、1933年から1945年まで続いたが、1945年の第二次世界大戦の敗戦によってヒトラーは自殺し、ナチス・ドイツはアメリカとソ連によって東西に分裂させられることになった。ナチズムは『近代的な自由主義・民主主義・個人主義・議会政治・人権思想』のすべてを否定して、差別的・独善的な『優生思想』に基づいて人種・民族を格付け(ランク分け)した。

ナチズムの優生思想では、世界で最も優秀な民族がドイツ人(ゲルマン人)であり、世界で最も劣等な民族がユダヤ人とされた。この人種差別的な優生思想のイデオロギーの延長戦上に、人類史上最悪のエスニック・クレンジングとされる『ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)』が起こったのだが、ヒトラーはユダヤ人排撃・差別のためにマスメディアを用いた無数のプロパガンダ(宣伝工作活動)を行い、ドイツ人の困窮や屈辱の原因をすべて理不尽にユダヤ人に押し付けていた。アウシュビッツに代表される強制収容所では、約400万人(犠牲者数には諸説あり)のユダヤ人がガス室に送られたとされる。

続きを読む
posted by ESDV Words Labo at 08:33 | TrackBack(0) | な:心理学キーワード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする